訪問歯科

当院の訪問歯科治療(口腔ケアなど)についてご説明します。

当院の訪問歯科診療

当院では通院が困難な患者様を対象に、ご自宅や入居施設で口腔ケアや歯科治療が受けれる訪問歯科診療をおこなっています。定期的なケアを受けて快適な生活をお送りましょう。

岡山市北区の訪問歯科治療

当院の訪問歯科にご興味がありましたら、お電話でご連絡ください。

口腔ケア

口腔ケアは快適な生活を送っていただけるようお口の中を清潔にケアすることです。口腔を定期的にケアすることは歯や身体の健康はもちろん誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の予防にもつながります。

なかの歯科クリニックの口腔ケア 口腔と聞くとお口の中だけをイメージされるかもしれませんが、喉を通して各臓器につながっています。驚くかもしれませんがお口に歯がある場合は300種類以上の細菌が数千億ぐらい口腔内に住みついています。もし適切な口腔ケアをしていない場合はこの数が1兆を超えるとも言われています。当然、この様な状況が続けば細菌は増殖し、歯や歯茎を蝕んだり、食べる機能を低下させていきます。
くわえて高齢や病気による障害がある方は食べたり、飲んだりする機能が衰えている可能性が高いので体力や免疫力にまで悪影響を与え、生きる気持ちまで蝕まれてしまいます。
また、口腔内で増殖した細菌が肺に入ると細菌感染を起こす呼吸器感染症「誤嚥性肺炎」にかかりやすくなり生命の危機につながってしまうこともあります。
この様なことから口腔ケアはお口を清潔にすることで、身体や生きる気持ちを守ってくれる必要なケアと言えます。

口腔ケアの目的

  • 食事が楽しめる(よく噛める、むせない、咳き込まない)。
  • 口臭予防、お口が潤う
  • 誤嚥性肺炎やお口の病気の予防
  • お口の病気の早期発見・治療
  • 口腔機能の向上・維持

主なケア内容

  • お口の清掃
    お口の掃除 お口の細菌の集合体である「プラーク」を除去します。患者さまによってお口の状態は様々ですので、各自にあった清掃道具(歯ブラシ、歯間ブラシ、粘膜用ブラシ、舌ブラシ、スポンジブラシ、デンタルフロス、ガーゼなど)を使用しておこないます。また、歯や歯茎だけでなく舌や頬の内側、上顎、喉まわりなどの細菌もきれいにします。
  • 含嗽(がんそう)
    含嗽とは「ブクブクうがい」のことです。頬の筋肉を使う含嗽はお口の中を清潔にする重要な方法です。この時に薬用成分が入った含嗽剤を使用することもあります。
  • 入れ歯のお手入れ
    入れ歯のお手入れ 入れ歯を使用されている場合は、入れ歯の清掃・調整・修理などをおこないます。入れ歯を掃除する時は義歯用ブラシや義歯洗浄剤を使用します。
  • 専門医による検査・治療
    身体の状態によっては歯科医師によるお口の検査や歯科治療、専門医師による内視鏡検査などをおこないます。
  • 食や生活のアドバイス
    お口は食だけでなく、呼吸やコミュニケーション(話す、表情)においても重要な役割を担っています。その為、お口の中のケアだけでなく姿勢や食事メニュー、便利な道具など、患者様の生活が向上する指導やアドバイスをいたします。
  • お口の機能訓練
    摂食嚥下体操の指導 高齢であったり後遺症で麻痺のある方は、お口を動かしたり、食べ物を飲み込む動作が衰えている場合が多いので、摂食・嚥下診断や一連の動きがうまくできるよう機能訓練をいたします。また「摂食嚥下体操」などの指導もおこなっています。

意識障害の方の口腔ケア

入れ歯もケアが大切

意識障害が起きると運動麻痺や知覚麻痺を伴うことが多く、自分でお口のケアが難しくなり、お口の状態も悪くなりがちです。また、重度の意識障害になると、ご自身だけでなく介護する方も困難になります。
口腔ケアはお口の中をを清潔に保ち、口臭やお口の病気を悪化させないだけでなく少なくなった唾液の分泌を高めたり、お口への刺激や声かけによって意識状態に覚醒を保たせ、体を機能維持させる効果もあります。
まずは、できることから取り組んでいきましょう。その方法のひとつをご紹介します。

  1. 入れ歯の方は、毎日はずして専用ブラシで洗いましょう。
  2. うがい。
  3. 歯が残っている方は柔らかい歯ブラシで丁寧に磨きます。
  4. 舌や口の中の上顎部分、ほっぺたの内側などもゆっくりと優しくこすります。
  5. 最後にもう一度うがい。

ご自身でできない時は、家族や介護スタッフの方に手伝ってもらうことが大切です。

口腔ケア用 吸引歯ブラシ

口腔ケア用 吸引歯ブラシ 当院で「口腔ケア用 吸引歯ブラシ」を作ってみました。この歯ブラシは誤嚥の恐れから歯磨きに水をつけれない方や、寝たきりで意識障害のある方に向いています。作り方は...

  1. 患者さまごとに点滴用のバッグとチューブを用意します。
  2. 歯ブラシの植毛部分に上下2カ所、チューブ用の穴をあけます。
  3. 写真の様につなぎ、吸引側チューブを吸引機か当院持参のバキュームにつなぎます。
  4. 点滴用バッグに水もしくは薬液を入れてフックにかけます。
  5. 後は吸引機のスイッチを入れるだけです。

口腔ケア用 吸引歯ブラシは作りがシンプルなので滅菌消毒も簡単ですし、お値段も安価です。歯磨きは継続的におこなうことですから改善できる場合はこの様な工夫をすることも大切です。

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る