無痛治療

多くの方が希望される無痛治療についてご紹介します。

歯医者の無痛治療とは

「歯の治療は痛いから嫌い」vs「昔ほど歯の治療は痛くない」どちらが本当でしょうか?

歯医者の無痛治療

岡山市内で一般の方に聞き取り調査したところ多くの方が「昔より歯の治療は痛くない!」と答えました。その一方で「歯の治療は、今でも痛いから苦手です!」と答えられる方もいました。いったい、どちらが正しいのでしょうか?答えは...

100%完全無痛ではありませんが、今の歯医者は昔より、痛みに対する配慮をかなり行なっているのが実情です。

では、無痛治療に関する3つの事実をご紹介します。

無痛治療の真実

  1. 痛みに関する感覚は人それぞれで大きく異なります。同じ治療法でも痛みを強く感じる方と、そうでない方がいらっしゃいます。過去に歯科治療で痛い思いを経験された方は、その辛さを思いだすと、ちょっとした事でも強い痛みに感じてしまのです。なぜなら痛みは歯ではなく脳で感じるからです。
  2. 無痛治療で大切なことは歯科医師との信頼関係です。信頼関係ができている患者さまは痛みを余り訴えません。それに対して初診の方は歯科医との信頼関係が不足している為、同じ治療でも痛みを感じやすいと言えます。その為、当院では初診時に、すぐに麻酔をしたり、歯の神経や抜歯することは余り勧めないようにしています。この原因を解消するには信頼でき、安心できる、かかりつけの歯科医院をもつことです。
  3. 無痛治療の基本は「麻酔注射」なのですが、注射器を見ると多くの方は注射する前から痛いイメージに襲われ、麻酔注射の時点で痛みを感じてしまいます。しかし、今は無痛麻酔があるのでご安心ください。

無痛治療法の種類

虫歯や歯周病の場合、初期段階であれば治療の選択肢が増えるので痛みの少ない治療が可能になります。歯医者で無痛治療を希望される方は早期発見・早期治療をお薦めします。

無痛麻酔注射

歯医者の注射(超極細針)
  • 表面麻酔の使用
  • 超極細針の使用
  • コンピューター制御電動注射器の使用

虫歯治療の無痛治療

麻酔注射で無痛治療
  • 麻酔注射を使用する虫歯治療
  • 麻酔注射を使用しないレーザー治療

歯周病治療の無痛治療

歯科医院の表面麻酔
  • 表面麻酔の応用
  • 麻酔注射を使用した歯周病治療

インプラント治療の無痛治療

インプラントの無痛治療
  • 麻酔注射を使用したインプラント治療
  • 静脈内鎮静法を使用したインプラント治療

当院の無痛治療

歯医者は行きたくない所ベスト3に入ると言われているように、歯の治療が好きな方は少ないと思います。嫌な理由の多くは「痛いから…」。その悩みを少しでも改善できるよう、当院は可能な限り無痛治療を目指しています。
ここからは、当院が実施している無痛治療のポイントについてご説明します。

なかの歯科クリニック(岡山)の無痛治療

十分なカウンセリングと治療前後の説明

歯科治療カウンセリング 当院では「診査・診断の結果や今のお口の現状、治療方法」は治療計画書にまとめて、患者さんにご説明します。カウンセリング時は、治療椅子に座った状態ではなく「相談コーナー(ラポール)」で患者さまが納得できるよう分かりやすくご説明します。
治療時の前後は毎回「どのような治療をするのか、したのか、注意点」などを担当の歯科医師や衛生士がお話します。その時に、口腔内カメラ「ベルサイト」や歯科用デジタルカメラを使用した歯の画像を一緒にお渡しすることもあります。
十分な説明が治療を受けている際の安心につながりますので、分からないことがあれば、お気軽にご質問ください。

麻酔時の痛みを減らす

麻酔時の痛みを減らす 「痛みを小さくするための麻酔が痛い」のでは本末転倒なので、そうならない様に、当院では麻酔時の痛みを減らす改善を実施しています。

  • コンピューター制御 電動注射器の使用
    コンピューター制御の電動注射器を使用することにより、一定速度でゆっくりした圧力での麻酔が可能になります。また最も細いサイズの注射針の使用、麻酔薬のカートリッジを体温と同じ温度に加熱することで痛みを押さえることができます。
  • 東洋医学の深呼吸
    腹式呼吸で吸気時に麻酔をすると痛みが軽減します。
  • 表面麻酔、レーザー麻酔
    治療前に歯肉を乾燥させてから表面麻酔を行います。また、必要に応じてレーザー麻酔を行うこともあります。これらの麻酔によって後から使用する注射の痛みは軽減されます。

歯を削る時の不快感を減らす

  • カリソルブ
    虫歯を溶かす薬「カリソルブ」 カリソルブは虫歯の部分だけを溶かす薬で、歯を削らない新しい虫歯治療法です。スウェーデンのMediTeam社製のカリソルブは、2種類の薬液と専用のインスツルメントで虫歯を溶かして取り除くシステムです。2種類の薬液は0.5%次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸を主成分としたもので、虫歯につけると30秒程度で虫歯の部分のみが柔らかくなります。後は専用のインスツルメントを使ってかき出すだけです。
    ドリルの振動や痛みがないのが長所ですが短所もあります。それは虫歯の症状が「C2程度」までしか使用できない事と保険が効きません。ですが、アメリカではFDA(アメリカ食品衛生局)が認可しているので、いずれは一般的な治療法になる可能性もあります。
  • 5倍速のコントラを使用
    従来のドリル(ハンドピース)ではなく、Kavo社の5倍速コントラを使用することで、ドリル音と振動による不快感を押さえることができます。
  • レーザー治療
    HOYA社エルビウムヤグレーザー「デントライト」を使用することで、歯を削る時の振動や痛み、発熱を押さえることができます。特にお子様、高齢者、妊娠中の方の治療に有効です。

ドリル音(ハンドピース)を最小限に

  • ツインパワータービン
    モリタ社のツインパワータービン 当院で使用しているドリルは「モリタ社のツインパワータービン」です。このタービンはセラミックボールベアリングを使用しているので、従来のドリルよりも音を軽減してくれます。
  • 音がほとんどしない治療法
    「5倍速コントラの使用、レーザー治療」であれば従来のドリルに比べて、嫌な音はほとんどしません。
  • ヘッドフォン、グラストロンの使用
    ドリル音が怖い方は、ヘッドフォンやグラストロン着用により音楽や映像に意識が向き、恐怖感を押さえることができます。患者さまの中にはウォークマン持参で好きな音楽をかけながらの治療を希望される方もいらっしゃいます。

適切な投薬

抜歯後の痛みをコントロールするには適切な投薬が必須になります。炎症や痛みのコントロールには投薬が欠かせません。その為には定められた服用方法をきちんと守ることが大切です。

その他の無痛治療例

舌痛症、顎関節症、歯科治療恐怖症などその他の無痛治療例をご紹介します。

歯科治療恐怖症、顎関節症などの無痛治療例
  • 舌の痛み(舌痛症)
    歯の不適合な被せなどをした時に、舌にヒリヒリした痛みを訴える患者さまがいるのですが、調べても特に異常のない時があります。主な原因として、以前から抱えていた「ストレス」にあることが多いようです。その為、被せを外しただけでは痛みはなくなりません。きちんとした診断と十分なカウンセリングをしてから患者さんの不安感を取り去り、適切な投薬などをすると改善されるケースがあります。
  • 顎の痛み(顎関節症)
    顎関節症は歯の咬み合わせ不良や顎の関節内障害によって、顎の関節周辺に痛みや動きの制限、雑音といった障害が起こる症状です。この顎関節症の原因は様々なのですが、身体面よりも精神面が原因でになっている方がいらっしゃいます。その様な時は「十分なカウンセリング、精神ケア、適切な投薬」などが効果的です。
  • 口臭(自臭症)
    口臭は生理的口臭といって朝起きたときなどは誰でも起こりうる症状ですが、口臭に悩まされて日常生活に支障をきたす方がいらっしゃいます。ひどくなると仕事も辞めて、引きこもってしまう方もいらっしゃいます。このようなケースでは十分なカウンセリングと精神ケアをしてからの適切な治療が必要です。
  • 歯科治療恐怖症
    昔、受けた歯科治療での痛みやショックが原因で必要以上の恐怖に悩まれている方が増えています。例えば「歯医者を目の前にすると怖くなり帰宅してしまう…、薬のアレルギーが無いのに麻酔で気分が悪くなる…、麻酔注射が恐くてできない…、歯を削るドリル音に耐えられない…」などです。過去の嫌な記憶が原因になっている方が多いので、当院では安心できるよう治療法について十分に説明をしたり、無痛治療や治療機械の音を配慮しています。もし、気になることやご要望があればお気軽にご相談ください。

歯の悩み相談

当院では、歯の悩みを少しでも解消できるよう院長の中野が「ライン」や「メール」で直接お答えいたします。お気軽にご利用ください。
※無料相談の対象:岡山在住で当院に通院できる方。

歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ 歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ
歯科治療 無料ライン相談(岡山の方限定)歯科治療 無料メール相談(岡山の方限定)

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る