マイクロスコープ治療

マイクロスコープ(顕微鏡歯科)治療についてご紹介します。

歯科用マイクロスコープとは

当院は歯科用マイクロスコープ「カールツァイス ピコモラー」を導入しました。

歯科用マイクロスコープ(顕微鏡歯科)

実は、歯医者で使用するマイクロスコープは高額な機械のため導入することを躊躇していました。ですが、昨年やっと当院もマイクロスコープを導入し、患者さんの歯を覗き込んだ瞬間、私はマイクロスコープの導入が遅くなったことを後悔しました…。

「なんでもっと早く導入しなかったんだ!」。

そこには肉眼で決して見ることができない高倍率ならではの世界が広がっていたからです。マイクロスコープによる精密治療を行うと肉眼の24倍程度に拡大して見ることができるため「より正確に、より精密に、そしてより安全な」質の高い歯科治療を行うことが可能になります。

岡山歯医者でマイクロスコープ(顕微鏡歯科)治療

マイクロスコープは、眼科、心臓外科、脳血管外科などでは常識のように使用されていますが、歯科業界は、ここ数年で増えはじめてきたばかりです。
マイクロスコープによる歯科治療は「虫歯治療、根管治療、歯周病治療、口腔外科、インプラント」など、いろいろな分野に応用することができます。アメリカでは根管治療専門の歯科医師のうち95%はマイクロスコープを使用していますが、日本は遅れており全体の5%程度しかマイクロスコープを導入していないのが現状です。

拡大鏡での歯科治療

拡大鏡治療

当院の歯科医師の多くはマイクロスコープを使う必要がないと判断した時「3倍程度の拡大鏡」を使用して治療を行なっています。右の写真が「拡大鏡」です。

各治療でのマイクロスコープ活用法

このマイクロスコープを使った精密な歯科治療は、肉眼では見えない細部まで拡大した状態で治療が行えるので様々なメリットがあります。では各治療での活用法をご紹介します。

虫歯治療

マイクロスコープで小さな虫歯を発見 マイクロスコープを使うと肉眼の24倍まで拡大できるので「小さな虫歯の発見」が可能になります。そのうえ、拡大により虫歯の部分のみを削ることができるので、今までよりも健康な歯を残すことができ、尚かつ痛みが少ない、繊細な治療が可能となります。

根管治療

マイクロスコープで根管治療 根管治療(歯の神経の治療)にもマイクロスコープは大変 役立ちます。歯の神経の管は非常に細く、肉眼では細部を確認することが困難だった為、どうしても手探りで治療せざるおえないケースがありました。しかし、このマイクロスコープを使い拡大した状態で見れば取りきれなかった汚染物質の除去が可能となり、今までなら抜歯しなくてはならなかった歯も残せる可能性が高くなりました。

審美歯科治療

マイクロスコープで精密な審美歯科治療 審美歯科治療も歯科用マイクロスコープを使えば今まで以上に精密な治療が可能になります。特にクラウンと歯の適合度は格段に高くなります。

口腔外科(マイクロサージェリー)

マイクロスコープでより安全な口腔外科治療 口腔外科の場合、マイクロスコープを使うと「最小限の侵襲で、より精密に、より安全に」外科治療を行うことができます。傷口も最小に抑えることができ、術後の痛みも少なく、治りも早くなります。何よりも治療精度が高まるのが魅力です。平成26年4月より一部、マイクロスコープを使用した歯の外科的根管治療には保険が導入されました。

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る