上顎インプラント始発のANA便で羽田に飛び
最終のANA便で岡山に戻る!

起床は早朝5時30分、帰宅は
午後10時過ぎ!就寝はもちろん深夜。

朝ごはんと晩御飯は軽く機内で済ます!

このスケジュールを大変だと私は
思っていたのだが、同じ顔触れが
何名も同じ機内に往復とも座っている。

歯医者も大変だが、サラリーマンさんも
大変だ!


今日は2回目となる〇〇貿易さんで開催された
M先生の上顎のインプラントコ-ス2回目に出席!

誰よりも早く会場入りしたのに席が既に決められていて
私の席は会場最後方の一番右側!スクリーンが一番
見えにくい席!!

前回もそうであったが、〇〇貿易さんのクライアントには
前方の良い席が与えられ、直接取引の無い私たちは
末端の悪い席が与えらている!!(たぶん!)

 

私は早朝5時半に起きて岡山からわざわざやってきたのに?
と少し切れそうになったが、総合受付をされていた
ディ-ン藤岡さんに激似のチリと日本のハーフの
イケメンさんに一目ぼれして、すごすごと一番後ろで甘んじる。

しかし、このインプラントコースの中身は
ハーフのイケメンさんと同じくらい濃い内容であった。

 

参加者の顔ぼれを見ると、このコースに参加して
席だけは別にして正解と思った。

インプラントのスペシャリスト、自分でコースをされていたり
有名なスタディグループで講師をされている先生が
多く参加されていたからだ。

インプラント治療はインプラント本体や周辺器具の進化に
より、過去10年とはかなり変化を遂げて来ている。

その中でも当院が目指しているのは
より低侵襲のインプラント治療!

簡単に説明すると、より痛くない、腫れない、治療機関も短い
そして、シンプルだからこそ、お値段も安くできるインプラント治療だ。

今回のトピックスは上顎で例え骨がなくても
より痛くなく、腫れなく、治療機関も短いインプラント治療だ!

そのインプラントを行うためには、高額な数々の機械が
必要なのだが、実は当院にはすべての機械は
すでに存在している。

後はリスクを減らすために、私自身が腕を磨くだけだ。

恐らく私が目指している道は間違っていないと思う。

誰もが、より痛くない、より腫れなく、
より治療機関が短いインプラントを望んでいる。

そのために私は本気で死ぬ気で、
でも死なないほどに頑張る!!

カツサンド