Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

岡山地方豪雨災害 その3

バカなことをした後悔するまもなく、私が次の手を取るために妻を呼び起こして朝の6時

妻の車で再度岡山空港に向かうことにした。

壊れた車は見た妻が驚いた。

こういう時は一番広い道から行くのが一番安全だからと私が運転して一番大きな国道を通って岡山空港に行くことにした。

国道であるので車の通りも多く笹ヶ瀬川の橋を登って降りた時に津高という地域で私は異様な光景を見てしまった。

前方の多くの車がランプをつけて停車している。

目の前には1キロメートルほど冠水した道路があった。

止まっている車はここで様子を見るようか引き返そうか迷って止まっているみたいだ。

待っている内にも後ろからどんどん車がやってくる。

2車線の道なのだがここで引き返すわけにはいかない。

私の選択肢はここで水の回復のを待つか?それともダメ元で冠水した道路に再度突っ込むのか?1 km 先を走り抜けて岡山空港を目指すのか?

 

このままもし水かさがどんどん増してくればもっとひどい状況になる、この橋の上で待つのは危険だ。そう決断した私は300 M 先まで進んでそこの信号を U ターンをして逆の道に戻って自宅に帰ることを選択した。

先ほどよりは水かさが増していたが車の中に水が入る状況ではなく私と妻は祈りながら 進めて300 M 先で U ターンをして前のトラックと同じようになんとか水が上がった国道に戻ることができた。

 

そして再度自宅に戻り深夜3時に第2駐車場から引き上げた往診用の車軽四のアルトに乗って私は三度目の正直岡山空港に向かうことになった。

 

ただ3回目も岡山空港に行くことができなければ私は諦めて何とかしてクリニックに戻り患者さんの診療に当たろうと思っていた。

 

3回目の道がかなり高台にあったので何とか冠水した地域から出ることが出来て私は岡山空港まで行くことができた。

しかし道すがら思ったのは、もしかしたら全日空の客室乗務員とかパイロットの方も岡山駅周辺で宿泊するはずなので空港まで来れないかもしれない。多くのお客さんも岡山空港までたどり着けないんじゃないかと思っていた。

ありがたいことだが、その日は定刻通り飛行機は札幌に飛ぶことになった。

客室乗務員の女性から「大変でしたか?」という話があり、「そちらこそどのホテルに宿泊されていたんですか?」と聞くと「岡山駅周辺なんですけど、いろんな道を探してなんとかやって空港にたどり着くことができて飛行機を飛ばすことができました!」と言われた。

さすが全日空さんにはすごいプロ根性を見せてもらった。

しばらくは天気の関係でかなり揺れていた機内だが1時間もたたないうちに雨が安定してきて到着した札幌は気温が寒いこと以外には雨も降ってなくて穏やかな天気だった。

私は PMC という会社のPMC アワードと言う表彰式に参加する予定だった。当院がある賞をいただくということで私は受賞者のスピーチのために札幌に来ていた。

しかし札幌にいても多くのスタッフからの LINE とかいろんなメールが入ったり、ニュースでは私の大好きな故郷である岡山がひどいことになっていることを知った。

私は土曜日の夜に仕事を切り上げて懇親会に出ないで岡山に帰るべきかそれとも予定どおり日曜日に帰るべきかここでも迷いに迷った。

今回の PMC アワードの講演会の講師は10年以上前よりお世話になっていたカシータの高橋さん。高橋さんの話を聞きながら今岡山に戻っても何も解決しない、医院周辺は落ち着いている状況だと聞いていた。

 

予定通り明日の夕方に岡山に戻るとそう決断した私だった。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

岡山地方豪雨災害 その2

2週間前の金曜日、娘の乗った広島行き最終の新幹線は遅れに遅れ、

5時間も大幅に遅れて広島では無くて岡山駅に到着すると連絡があった。

私たち夫婦は、娘を迎えるために深夜2時過ぎに岡山駅へと急いだ。

迎えに行って良かったと本当に思った。

岡山駅では多くの新幹線が遅れたためタクシーを待つ長蛇の列が出てきていたし

駅構内でも夜を明かそうと多くの人が座って待っていた。

 

娘を拾ってタクシーで岡山駅から自宅に帰ると夜中の2時過ぎ、少し休んで寝ようと思っていた。

すると、3時前に町内会長さんから第2駐車場に置いている訪問診療車が水没する恐れがあると連絡があった。

私は夜中の3時に傘をさして長靴を履いて第2駐車場を見に行くと、驚いたことに第二駐車場が半分ほど冠水していた。

 

車はまだ大丈夫だったので急いで駐車場を出そうと思うと、通常の出入り口は

もう水に浸かって車を出すことができないので裏から車を出すことにした。

 

そんな時は町内会長さんをはじめ、ご近所の方々が夜中の3時にもかかわらず

起き出していて周りの石とかをどけてくれた。

 

そして何とか往診車の水没は免れた。

 

その時岡山地方はそんなに雨が降ってなかったので、翌朝になれば、

いつものような朝が迎えることができると私はそう思った。

しかしその反面金曜日の午後から感じていた嫌な思いを払拭できないでいた。

 

翌朝私は岡山空港から北海道の新千歳空港へ飛行機で移動する予定にしていた。

もしこの状態で近くの川、旭川や笹ヶ瀬川とかが決壊すると道路が冠水して、

もしかしたら空港までたどり着くことができないかもしれない。

そうなってしまうと私は札幌行きができなくなってしまう。

 

ほとんど眠ることもないまま翌朝5時に準備を終えて

出発まで3時間半もあるが念のために自分の車で近くを回ってみることにした。

 

すぐ近くの笹ヶ瀬川がこれほど水かさが上がっているのを私は初めて見た。

その時は私が見た範囲では笹ヶ瀬川は決壊してはいなかった。

 

そして川の土手を回って空港道に入ろうと思った時に200 M ほど道が冠水してるところに

当たった。

 

考えたことはこのままバックして違う道を探すか、200 M を突っ切るか?

ただ私の車は電気自動車なのでもし漏電すると大変なことになる。

 

朝の5時なのでほとんど車は通っていなくて誰も回りにいない私はその200 M を冠水した道路を突き抜けていく決断をした。

これがそもそもの間違いだった。

 

冠水していると言っても車の中に水が入る程度ではなくてタイヤの半分が浸かるぐらいだったので

通常普通に運転していると順調に車は進めもう少し先で水から出るぞという時に衝撃が走った。

 

ガッツん何かに当たったのか何かがぶつかってきたのかその瞬間にすごい騒音を立てて私の車が一度上に上がり、

そして次の瞬間に落ちて崩壊した。

 

水を出て近くのコンビニに車を停めると驚いたことに私の車の下半分ぐらいが崩壊していた。

 

走ることはできるんだがまるで内臓を出したような昆虫状態になってしまった。

ガラガラと大きな音をたてながら、そのまま冠水してない道を進んで私は一度自宅に戻ることにした。

朝の6時前になっていた!

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

岡山地方豪雨災害 その1

あれから2週間が経過した。

まさか、私が愛する晴れの国岡山がこんなことになるなんて?

 

2週間前の7月6日の金曜日の夕方、警報アラームが何度もなり始めた岡山地方。

スマホを見ると近くの川が決壊の恐れがあるから避難準備勧告が続々と出ている様子、

岡山で、こんなに大雨の警報、河川が決壊する警報が出ることは私には記憶がなかったので、何か嫌な思いを感じていた。

私は診療の手が空くたびにカウンセリングルームのパソコンの前に座り岡山の雨雲情報とか岡山の警報が出ている地域情報を時間ごとにチェックしていた。

 

当院のスタッフ数名が住んでいる岡山の北部御津地域に避難準備警報が出されたと聞いて私は診療が終わる前にスタッフ3名と自宅が遠方である2名のスタッフを自宅に帰らせることにした。

 

また診療が終了次第、手の空いたスタッフから順次自宅に帰るように命令をした。

それが2週間前の金曜の夜のことである。

 

岡山で雨は降り続いていた。

私はそんなに大量の雨とは思わなかったが、どんどんと警報アラームが鳴って、こんなこと今まで経験したことがないなと妻と話していた。

 

その土日広島で開催する予定だった日本臨床歯周病学会に参加するために東京から新幹線で帰ってくることになっていた娘から連絡が入り、新幹線が大幅に遅れ、広島行きが岡山止めになったという情報を得た。

 

通常であれば品川から岡山まで3時間半で着くところが深夜になるかもしれない、また最悪新幹線内で夜を明かすことになるかもしれないというメールが入ってきた。

 

ただ最悪新幹線内で夜を明かすことになっても新幹線の中は危険がないと私達夫婦が思っていたのでそれはそれで仕方がない。

 

しかし深夜に帰る時は私たちが娘を車で岡山駅まで迎えに行こうと話をしていた。

 

そんな時、深夜11時43分にすごい物音に驚いた。

バキバキというすごい音がして窓のサッシが揺れた。

私は地震だと思い妻に確認をした、妻は地震じゃない雷が落ちたんじゃないのと話をしていた。

 

地震であればすぐに地震情報が出るからとテレビとかスマホで検索しても地震情報が出ていない。

 

今までに経験したことがないような振動と音だったのでスマホで検索してみると総社市の鉄工所が爆発を起こしたと言う直ぐ直前にアップされたサイトを見つけた。

 

そのサイトには総社で爆発した工場の写真と、近くのコンビニのローソンのガラスが全て割れていた写真も掲載されていた。

 

その時私は不覚にもその情報がフェイクであると裏付けも取らないまま、思い込んでしまった。

 

なぜなら総社市と岡山市は直線距離で20キロ以上ものすごい距離がある、その総社市の工場の爆発の騒音が岡山市の当院の自宅まで響いてあれほど揺れるわけがない。

 

この写真はこのサイトはフェイクであると思い込んでしまった。

 

ただ後からの報道を考えるとこの情報は真実であった。

 

金曜日の深夜11時43分に総社市のアルミニウム工場に流れ込んだ大量の水の関係で水素爆発を起こしてかなり大きい振動爆音があったらしい。

 

知り合いの研究所もその工場のすぐ近くにあったが、早めに職員を返したようで、大きな爆発の割には怪我人や死傷者が出なかったことは本当に良かったと思ったが、あの爆発は単なる悲劇の序章に過ぎなかった。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ