英語 韓国語 中国語

岡山で歯科治療 ( 予防・審美・小児歯科、インプラント ) するなら岡山歯医者 「 なかの歯科クリニック 」

歯周病&歯肉炎治療

歯周病&歯肉炎治療

(1)歯周病とは
歯の表面に付着した汚れ(歯垢)をそのままにしておくと、歯の周りを包み込んでいる歯肉に、炎症が起きてきます。(歯垢は細菌のかたまりです。)歯肉は色が赤くなり、ぶよぶよと腫れてきて、ちょっと歯ブラシがふれても簡単に出血するようになります。この歯周病を放置しておくと、炎症はさらに進み、歯を支えている骨(歯槽骨)を少しずつ破壊し、歯はぐらぐら動くようになり、やがては抜けてしまいます。このような症状を歯周病といいます。

(2)40歳以上の歯の抜ける原因の多くは歯周病です。
歯の抜ける原因としては、虫歯と歯周病によるものが大多数を占めていますが、近年は歯周病によるものが増えています。


(3)歯周病の怖いところは自覚症状のないところです。
歯周病は世界で一番多い感染症です。
25歳以上の8割の人は歯周病に罹患しているのに初期の症状がわかりにくいし、直接自分の目で見にくいため、その6割が自覚していません。
そこが歯周病の怖いところなのです。
実際に当医院に初めて来られる方の多くの患者さんは、歯や歯茎の痛みを伴って来院されます。その機会に、治療と同時に歯周病の説明をすることで、やっと自分が歯周病になっていることに気がついてくれます。その時にかなり歯周病が進んでいることもあり、もっと早く注意しておけばとかったと思われる方もよくいます。それだけわかりにくいものなのです。


(4)治療も予防もケアが大切です。
 歯周病の原因は歯垢です。ブラッシングにより歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが大切です。
 専門家の指導、アドバイスを受けられることをおすすめ致します。予防歯科もご覧下さい。

歯周病治療の流れ

まず、チェアーに設置してあるモニターでご自分の歯を実際に見てもらいます。

次に歯のきわの汚れや歯肉が少し腫れているのを確認してもらいます。
多くの方が歯の汚れを自分の目で見て驚かれます。
(この汚れは実際は細菌のかたまりで体に悪影響を与えます。)

次に、歯と歯茎の間の溝の深さを測ってみます。

歯と歯茎の間の溝の深さは、プローブという器具で測定します。
2mm以下が健康な状態。
3~4mmなら少しの努力でわりと良くなります。
5mm以上の場合はかなりの努力が必要です。
あと動いている歯があるかどうかを調べます。

特に悪化している所はレントゲンで検査します。
大きなレントゲンで口全体を検査する場合もあります。

歯周病の治療は、歯石を効率良く除去(歯石を除去したり、歯のクリーニング)する事が基本となります。
そして、なぜ今のような状況になったのかを一緒に考えることが大切です。
せっかくきれいになっても今までの歯の磨き方では、また歯石がついてきます。
そこで、少しでもきれいな状態を保てるように、その人にあった歯ブラシの選び方や歯ブラシの使い方がとても重要になってきます。(悪くなっているところに届く歯ブラシや補助器具が必要です。)
つまりその人のポケットの深さ、歯と歯の間の形態によって歯科衛生士による指導方法が変わってきます。
そしてご自分で、正しい方法で実際に磨いてもらいます。さらに磨き残した部分を歯科衛生士に磨いてもらい、正しい歯ブラシの当て方を実際に感じてもらうことによりさらに正しい感覚を覚えてもらいます。

このようにして、細菌の数を減らし、出来るだけ清潔な口腔内の環境を整える事が歯周病治療の基本となります。

しかし、いくら家で正しい方法で磨いても、3ヶ月くらいすれば歯ブラシのとどきにくい所に、バイオフィルムという細菌のかたまりがしだいについてきてしまうのです。
或いは、一度きれいになったお口の中も、歯磨きを怠れば短期間で元の状態(歯石や歯垢が付いている状態)に戻ってしまいます。
それをそのままにしておくと、少しづつ歯周病が進んでいくのです。

そこで、また歯周病が進行しないように定期的に歯石を除去したり、歯をクリーニングすることが大切になってくるのです

(歯周病の進行度によって検診の期間は変わってきます)

歯周病についてもう少し説明

(1)歯周病とは、その2
歯周病の初期の段階を歯肉炎と言います。歯肉炎の原因は歯の表面についた生きた細菌の集まりである歯垢(プラーク)です。ほんの耳かき1杯に数億という細菌がいます

歯肉炎には自覚症状はほとんどないので多くの人が放置してしまいます。するとその細菌が歯と歯肉の間の溝にしだいに入り込んで歯肉の下にある歯槽骨という歯をささえる骨を溶かすようになります。これが歯周病です。早く発見して細菌を取り除かないと、さらに骨が破壊され手遅れになり歯を抜かなくてはならなくなります。


歯周病の原因は細菌ですが、加齢や病気による免疫力の低下やストレス喫煙や薬の副作用も悪影響を与えます。噛み合わせの不調和ぎしりいしばりも危険因子になります。


また逆に歯周病は糖尿病、脳血管障害、心疾患、骨粗しょう症、関節炎、出産に影響を与えることもわかってきました。そのせいで、歯周病などで歯を失うことにより歯が残っている人よりも医療費が多くかかっています。

(2)糖尿病との関係
糖尿病患者は歯周病菌の量が多いというデータが出ています。
糖尿病患者の歯石を除去してブラッシングを指導するだけで血糖値が下がります
生活習慣の改善と同時に口の中の改善も大切です。


(3)8020運動

1988年に当時の厚生省と日本歯科医師会が「8020運動」をスタートさせました。親知らずを除く28本のうち最低20本残っていれば、何とか不自由なく食事ができるということで、80歳で20本を残そうという運動が始まりました。

2008年の時点では、4人に1人が8020運動を達成して、一見効果が上がっているように思われますが、よく考えてみると実は80歳で平均は5?6本しか残っていないのです。つまりある一部の人に集中して残っているのです。

ということは、4人に3人はほとんど歯が残っていないということになります。つまり4人に3人は「総入れ歯」かそれに近い状態になるわけです。


現在平均で20本歯が残っているのは49歳です。つまり4920です。そして65歳の平均は8本ですから、50歳から65歳の間に12本の歯を失うことになります。つまり50代後半からイカ、タコが噛み切れなくなります


まだまだ問題はこれからです。歯科医師としてすべての方が一生「おいしい」と言ってものを食べていただけることが目標です

歯肉炎について

歯垢(プラーク)の中には細菌がたくさん存在していて、
その細菌が毒素や酵素などの有害物質を出すために、
歯肉炎が起こってしまいます。

歯肉炎とは...?

健康な歯肉はうすいピンク色でかたく引き締まっています。ところが歯肉炎は歯肉のみに炎症が起きていて、歯肉が赤く腫れてぶよぶよしてきたり、出血しやすくなったりしてきます。歯周病の初期の状態で、歯周炎の一歩手前の病気です。ちなみに歯肉炎には、お口の中の歯垢が原因の歯肉炎、妊娠にともなって女性ホルモンのバランスが変わることにより生じる歯肉炎、全身の因子や内服中のお薬などが関係する歯肉炎などがあります。

歯肉炎を放っておくと...?

歯肉炎は自覚症状がないうちに進んでいることが多いのです。歯肉炎を放置しておくと、お口の中が不衛生になるだけでなく、歯周病を悪化させたり、虫歯を進行させることにもなりかねません。しかし、早期に発見して早期治療をすることで、十分に健康なお口の中に回復することが可能です。

治療法

歯肉炎を予防するためには、毎日のブラッシング(プラークコントロール)が大事になります。ていねいなブラッシングにより、お口の中についているプラークを除いてあげましょう。また歯科医院でご自分では取り切れない歯垢や歯石を除去したり、定期的な検診やお口のクリーニングをしていただくことも効果的です。また、歯肉マッサージも歯肉の健康に効果があります。

診療例


歯の周りの歯茎が赤くぶよぶよに腫れています。


実際のお口の中の写真......歯と歯茎の縁にあるのが歯垢(プラーク)。
その周りの歯茎が赤く腫れて炎症を起こしています。歯並びの悪い部位はプラークも溜まりやすく歯肉炎になりやすい部分です。

歯周病とは(その1)

当院には9名の歯科衛生士がおり、ブラッシング指導などの初期治療を担当しています。
軽度から中程度に歯周病が進行した方は麻酔を用いて痛くないように、
歯ぐきの中の歯石や細菌を徹底的に除去します。

この方法で多くの方は改善されますが、
高度に進行した方の中には歯周外科手術が必要な方もいらっしゃいます。
歯周外科手術は再生療法といって失われた歯肉や骨を再生させるため、
GTR エムドゲインといった材料を用いることもあります。

当院の歯周病治療法はJIADS(ジアズ)という卒後研修団体の行っている治療法で、
米国ボストンのDr.Nevins らの臨床歯周補綴学です。
院長を始め当院の2年目以上の歯科衛生士は全員このJIADSの歯周補綴コース、
ハイジニストコースで研修を受けています。

JIADSのホームページへ

歯周病は気づかないうちにすすむ病気です。

歯周病にかかっている人65%、
歯を失う原因46%というデータがあります。

歯周病は、まず気づくことが大切です。

歯周病は、歯を支えている歯ぐきや骨の病気です。その原因は、歯と歯ぐきの間にできるすき間(歯周ポケット)内の細菌です。 ものがうまく噛めなくなり、最後には歯が抜けることもあるのです。

さらに困るのは、痛みなどの自覚症状がない場合が多いことです。
歯周病を防ぐには、まず自分の歯ぐきの状態に気が付くことが大切です。
歯周病は早期に発見して適切な治療とていねいなブラッシングを継続していくことで、直すことができます。
自分の歯ぐきをチェックして早期発見早期治療を心がけましょう。

歯周病とは(その2)

歯を取り巻く組織(歯周組織)には、歯を支える歯槽骨(顎の骨)、歯と歯槽骨を仲介する歯根膜、そしてそれらを包む歯肉(歯ぐき)があります。

歯周病は、歯の周りの病気と書きますが、お口に潜む特殊な細菌感染によって発症する歯周組織の破壊です。

初期症状としては、痛みのない歯ぐきの腫れや出血、
さらに進行すると痛みを伴った腫れや歯ぐきからの膿などが見られるようになります。
しかし、これらの症状は持続せず、数日で落ち着いてしまいます。

ところが、これで歯周病が治ったわけではなく、恐ろしいことにそれほど自覚症状がないままじわじわと進行していきます。
ほとんどが、痛みや腫れを伴う急性期と自覚症状のない慢性期を繰り返しながら進行していく病気なのです。

この歯周病が進行していくと、驚くことに歯を支えている顎の骨が溶けてしまうのです!(考えてみて下さい。自分の身体の中で骨が溶けている場所があるなんて想像つきますか?)でも、そうなると当然支えられている歯はぐらつき、やがては抜け落ちてしまう運命にあります。
症状として我慢できないほどの痛みになったり、膿が止まらなくなったり、歯がぐらついてきたりすると『もう手遅れ!』なんてこともあるのです。

歯周病にはいろんな症状がありますが、次のような症状がある人は要注意です。

歯ぐきからの出血 歯ぐきの発赤 歯ぐきの腫れ 歯ぐきから膿が出る
歯が浮いた感じがする 噛んだときに痛みがある 周期的にこれらの 症状を繰り返す 歯がよくしみる
人から口臭を指摘される 口の中が粘っこい 食べかすが詰まりやすい 噛んだときに痛みがある
前歯が開いて(空いて)きた 歯の隙間が増えてきた 歯が伸びてきた 歯がぐらぐらする

みなさんいかがですか?

いくつか項目の当てはまる人は、ぜひ歯科受診を考えて下さい。

レントゲン撮影や歯周病の検査を行って自分の歯周病の進行状況を把握してください。
そして、専門家の指示を仰ぐ必要があります。

進行した歯周病は数回歯医者さんで治療したから完治するものではありません。
たとえ症状が落ち着いた、あるいは、歯ぐきの状態がよくなったようでも
定期的にチェック(定期検診)をしてもらうべきなのです。

それから、歯周病は、口の中に潜む歯周病の悪玉菌(虫歯菌とは種類が違います)が大きな原因です。
歯医者さんで歯石除去〔スケーリング)と同じくらい毎日の歯みがきが重要な治療法であり、予防法です。
(この歯みがきは専門的な指導なしではほとんど不可能です)。

自分自身のお口の中の状態を正確に理解し、歯科医院での治療、家庭でのブラッシングの必要性を十分に理解し、
治療に参加してもらい、生活習慣を見直すことが大切です。

昨今、歯周病学会や医学会において様々な全身疾患(心血管疾患、糖尿病、低胎児早産、肺炎、胃潰瘍など)と
歯周病との関連が報告されております。

たかが口の中のことと軽視するのではなく、自分のお口の中に関心を持って下さい。
歯医者は歯の治療をするだけの場所というイメージは捨て、
是非、歯周病の早期発見、早期治療、積極的な歯周病予防に参加してみて下さい。

結局は、それが時間とお金をかけずにすむ一番の近道かもしれません。

歯周病治療の流れ

歯周病の治療は次のような流れで進みます。

診査診断 レントゲン
歯周ポケットの検査等
 
初期治療 1.効果的なブラッシング法の習得
2.歯石除去
3.噛み合わせの調整等
 
再評価 治り具合の検査

必要があれば外科的治療
(重傷の場合)
 
定期検診 3カ月-6カ月ごと

歯周病の治療は50%は患者さんの努力にかかっています。
また、治療期間は軽度の人で3カ月、進行した人は6カ月以上かかることもあります。

自分のかけがえのない歯を一本でも長持ちさせるため、
私たちと一緒に歯周病に立ち向かっていきましょう。

歯周病の再生治療

歯周病で失われた歯槽骨はもう2度と元に戻らないでしょうか?
いいえ、状態によっては元に戻すことができます。
エムドゲイン、GTR法などが、この再生療法と呼ばれる方法です。

左側上顎前歯部から排膿を主訴に来院された31歳 男性のケースをご紹介します。
左上前歯部に根っこへの先に達するほどの骨の吸収を認めます。
当然この歯は動揺(ぐらつき)を認めます。

レントゲンに示す線が本来の正常な骨のレベルと現在の骨のレベルを表しています。
(1)は骨の再生外科治療を行う時の写真です。レントゲンが示すように骨は根っこの先近くまで吸収しています。
(2)は再生治療後6カ月の同部の写真です。再生外科治療によって骨のレベルがかなり回復しているのが分かります。

この写真は頭部の断層撮影(CT)を立体的に3次元構築した上顎の像です。左の前歯に著明な骨吸収像が認められます。

 

 

 

こんな歯周病あんな歯周病

歯周病には実はいろいろな種類があります。
その種類によっては治療法が若干異なることがあります。
ここではいろんな歯周病を紹介します。

(1)急性懐死性潰瘍性歯周炎

ひどい痛みを伴います。食事、歯みがきなど痛くてできません。
出血と膿、著明な潰瘍が見られ、歯ぐきに強い接触痛があります。
口腔内清掃指導、洗浄、抗生剤全身投与及び、局所投与(ペリオクリン)を行った19日後です。

(2)早期発症型歯周炎

中学生や高校生の時から歯周炎が始まり高度に進行します。
最初は6歳大臼歯と上前歯2本に進行することが多いです。
全体のレントゲン写真で歯を支えている顎の骨が、ひどく吸収しており、歯は浮いている状態です。ほとんどの歯は保存するのが困難です。
歯を支えている骨の吸収に伴い、歯ぐきが下がり歯の根っこが露出しています。ほとんどの歯はぐらぐら、ひどい状態です。

(3)急速進行性歯周炎

(2)の早期発症型歯周炎や若年性歯周炎から移行することもありますが、
進行が急速なのが特徴です。
初診時には歯ぐき全体が発赤し、腫れと膿でひどい状態でした。
初期治療終了後、歯ぐきの状態は安定してきました。歯ぐきが引きしまってきました。下の歯は治療中の仮歯です。

(4)歯性上顎洞炎

上の奥歯の感染が進行すると上顎洞(上顎の鼻とつながる空間)に
炎症が波及するときがあります。
左の奥歯の歯ぐきが腫れ、膿がとまらない状態です。
腫れは著明で顔が左右非対称になるほどはれています。
頭痛、鼻閉感も伴います。

歯周病が招くこわーい病気

歯周病は進行すると歯がぐらぐらしたり、うみが出たり、
しまいには歯が抜けてしまう病気であることは皆さんご存じの通りです。

ただ、歯周病の影響は歯のことだけではとどまらないことが最近の調査でわかってきています。

例えば、お口の細菌から「感染性心内膜炎」を起こしたり、高齢者の方の「誤嚥性肺炎」を引き起こすことがあります。

歯周病と「心臓病」

ノースカロライナ大学の研究によると歯周病のある人が心臓病(狭心症や心筋梗塞など)になる確率は
歯周病のない人に比べて1.5?3倍に上がることがわかっています。

歯周病と「早産」

同じくノースカロライナ大学の研究によると、
歯周病の女性が低体重児を早産する確率は歯周病のない女性の約7倍になります。

歯周病と「糖尿病」「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」

歯周病が糖尿病の合併症の1つであることがわかってきています。
また、口の中の細菌と「骨粗鬆症」との因果関係もわかってきています。

歯周病と「肺炎」

高齢者の方が歯周病の原因菌を吸い込むと誤嚥性肺炎を起こしやすいです。この肺炎は現在死亡率の上位です。

以上の様に歯周病が全身の健康を損なうことがわかってきています。
歯周病をしっかり治療することが上記の病気を予防することになります。

また、治療終了後、いくら念入りに歯磨きをしても限界があります。
少なくても6ヶ月に1回はプロの歯科衛生士による歯の専門的クリーニング(PMTC)を受けて下さい。

今までは歯医者は虫歯や歯周病を治すところと思われていましたが、
今後は全身の健康のために歯医者で定期的に口の中のクリーニングをしてもらうと考えてください。

歯周病(歯槽膿漏 )

歯周病のチェックリスト

あなたのお口の中が「歯周病」でないかチェックしましょう!

歯周病チェック
  • 朝、起きた時に口の中に粘りを感じる。
  • 口の中が、臭う気がする。
  • 歯磨きをすると血が出る。
  • 歯茎が腫れている。
  • 歯茎が痛む、もしくはムズがゆい。
  • 歯がグラグラしている。
  • 歯の間に隙間ができた。
  • 歯茎が下がり、歯が長くなったように見える。
  • 歯が前に出てきたように見える。
  • 歯の間に、食べ物がはさまるようになってきた。

該当するチェック項目があり、歯周病が心配な方は当院にご相談ください。

歯周病とは

歯周病(歯槽膿漏 )

歯周病は「知らないうちに進行し、顎の骨が溶けてしまう」怖い病気です。
しかも、歯磨きだけでは治らないので、歯医者で診療を受け、歯周病の進行を止めなければなりません!

歯周病を放置すると

歯周病を放置すると「膿が出る、歯の隙間が広がる、歯がグラグラになり歯が抜ける、噛みあわせが乱れる」などの症状がでてきます。

この様な症状が現れる前に、定期検診や歯医者での診察を受け、早めの予防や治療を心がけましょう!

歯周病の検査と進行別の症状

歯周病の検査

歯周病治療をする前には、右図のような検査を行います。

では、歯周病の進行別(軽度、中度、重度・末期)と健康な歯肉の状態についてご説明しましょう。

歯周病の症状(軽度 ) 歯周病 軽度

歯周病の進行が軽度の場合「歯茎に赤みがある、歯茎がブヨブヨしている、触ると出血する」などの症状があらわれます。

歯周病の症状(中度 ) 歯周病 中度

歯周病の進行が中度の場合「骨が溶けはじめる」などの症状があらわれます。

歯周病の症状(重度・末期 ) 歯周病 重度・末期

歯周病の進行が重度・末期の場合「膿が出る、歯の隙間が広くなる、歯がグラグラになり抜けてしまう、噛みあわせが乱れる」などの症状があらわれます。

健康な歯肉 健康な歯肉

健康な歯肉になると「歯茎が綺麗なピンク色、つやがある、締まりがある、歯の間に隙間がない」など良好な状態に戻ります。

歯石の種類

歯肉縁上歯石 歯肉縁上歯石

歯肉縁上歯石は「乳白色で軟らかい、ヤニが硬く付着している」などの特徴があります。

歯肉縁下歯石 歯肉縁下歯石

歯肉縁下歯石は「血液成分を吸収しており黒く強固に付着する」などの特徴があります。

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病の検査をした後は、治療(左写真)をしていきます。 治療後は再発防止のためにアフターケアの指導もいたします。

歯周病治療についての疑問やお悩みがありましたら、当院スタッフへお気軽にご相談ください。

※ なかの歯科クリニックの「歯周病を理解して、治療に入りましょう」をPDF閲覧したい方はコチラをクリックしてください。

歯周病(歯槽膿漏) ではないですか?

歯周病って何?

歯周病(歯槽膿漏) って何?

歯周病(歯槽膿漏) の主なポイントについてご説明します。

その1顎の骨が溶ける病気です!

その2ハミガキでは治りません!

その3気づかないうちに症状が進行していきます!
歯周病になったら、早く進行を止めなければいけません。

歯周病になると、どうなるの?

歯周病の原因は「歯垢や歯石、ハミガキの磨き残し」で、これらの中は細菌の塊です。この細菌が歯の骨をどんどん溶かしてしまいます。

歯周病になってしまったら?

歯垢や歯石のない「健康なお口」を保つ事が第一です。歯石が付いてしまうと、自分ではとれません。
その為、歯医者でとってもらう必要があります。歯石がたくさんある時は、 何回にも分けて取らなくてはいけませんが、 根気よく頑張りましょう!

健康なお口でいる為には…

歯周病(歯槽膿漏) 防止法

歯垢や歯石をこまめにとる事が大切です。 「家でのハミガキ」と「歯医者のプロによる定期検診」 の両方で、歯周病から守りましょう!

日頃の予防が、ご飯を美味しく食べれる幸せな未来につながります。
もし、歯の汚れが気になる方は、歯科医師、歯科衛生士にご相談ください!

「 あなたは歯周病?」 セルフチェック!

穴の空いてしまった歯は、元に戻ることはありません。その為、虫歯を取り除く治療が必要になります。

虫歯を放っておけば治らないだけではなく、さらに大きくなってしまいますでは、虫歯がどのようにして大きくなるのかご説明しましょう。

Information (虫歯の状態)
 

虫歯じゃないのに痛い…知覚過敏かも?

知覚過敏とは?

「 虫歯でないのに、水などが歯にしみて痛い」 といった経験はありませんか? それは知覚過敏かもしれません。

歯の構造と知覚過敏

エナメル質、象牙質、歯の神経 むき出しの象牙質

「 象牙質」 が「エナメル質」 の鎧をなくすと…
右図のように象牙質がむき出しになってしまいます。

そこに刺激があると、しみるような痛みを感じるようになります。
それが「知覚過敏」 です!

しみなくする為には?

How To (虫歯の治療法)
丁寧なハミガキ&知覚過敏用ハミガキ粉 軽症 : 丁寧なハミガキ & 知覚過敏用ハミガキ粉
力強くハミガキをしているようなら、優しく小刻みにブラシを動かすように心がけましょう。
またブラシが当たった時に痛みのある場合は、知覚過敏用のハミガキ粉を使うのも効果的です。
しみ止めを塗る 中程度 : しみ止めを塗る
歯医者で、しみ止めの薬を塗ってもらいましょう。
プラスチックで詰める やや重度 : プラスチックで詰める
むき出しになっている象牙質のところをプラスチックで詰めます。
神経をとる 重度 : 神経をとる
軽症からやや重度の処置をしても改善がみられず、日常生活に支障がでるほどの重度の場合は、歯の神経をとる選択肢もあります。
 

なかの歯科クリニック 院内ツアー

※ マウスやキーボードで画面内を移動したり、視野を変えたりできます。

歯科治療の無料メール相談、診療予約をご利用ください。なかの歯科クリニック(岡山)
歯科院長が直接お答えする無料メール相談 ( 歯の悩み、歯科治療 )24時間ネット初診予約 ( 休日はもちろん365日、24時間予約OK )
なかの歯科ゆるキャラ「 なかのん&しかのん 」 インターネット初診予約

▼ お気に入りに追加したり、ソーシャルサービスにご利用ください!

歯科院内バーチャル体験

「Googleおみせフォト」で、院内を移動したり、見渡せるようになりました!

初めて当院で受診される方へ

なかの歯科クリニックの治療科目

  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • オールセラミック治療
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 超精密入れ歯(義歯)
  • All-on-4(オールオンフォー)
  • 訪問歯科
歯科スタッフ募集中
歯医者のお仕事見学会

なかの歯科クリニックについて

岡山市の歯医者 なかの歯科クリニック
〒700-0074
岡山県岡山市北区矢坂東町6-1
TEL : 0120-960-471
E-MAIL : 無料メール相談
アクセス : 当歯科への行き方
求人 : 医師、衛生士募集

患者様がお住まいの主要エリア

岡山県岡山市 ( 北区、中区、南区、東区 )、倉敷市、津山市、笠岡市、玉野市、総社市、赤磐市、瀬戸内市、備前市

上記以外の地域からもご来院いただいております。 最近は、県外や岡山県への転入者の方も増えています。

上段へ移動