英語 韓国語 中国語

岡山で歯科治療 ( 予防・審美・小児歯科、インプラント ) するなら岡山歯医者 「 なかの歯科クリニック 」

歯周病治療

歯周病について

(1)歯周病とは
歯の表面に付着した汚れ(歯垢)をそのままにしておくと、歯の周りを包み込んでいる歯肉に、炎症が起きてきます。(歯垢は細菌のかたまりです。)歯肉は色が赤くなり、ぶよぶよと腫れてきて、ちょっと歯ブラシがふれても簡単に出血するようになります。この歯周病を放置しておくと、炎症はさらに進み、歯を支えている骨(歯槽骨)を少しずつ破壊し、歯はぐらぐら動くようになり、やがては抜けてしまいます。このような症状を歯周病といいます。

(2)40歳以上の歯の抜ける原因の多くは歯周病です。
歯の抜ける原因としては、虫歯と歯周病によるものが大多数を占めていますが、近年は歯周病によるものが増えています。


(3)歯周病の怖いところは自覚症状のないところです。
歯周病は世界で一番多い感染症です。
25歳以上の8割の人は歯周病に罹患しているのに初期の症状がわかりにくいし、直接自分の目で見にくいため、その6割が自覚していません。
そこが歯周病の怖いところなのです。
実際に当医院に初めて来られる方の多くの患者さんは、歯や歯茎の痛みを伴って来院されます。その機会に、治療と同時に歯周病の説明をすることで、やっと自分が歯周病になっていることに気がついてくれます。その時にかなり歯周病が進んでいることもあり、もっと早く注意しておけばとかったと思われる方もよくいます。それだけわかりにくいものなのです。


(4)治療も予防もケアが大切です。
 歯周病の原因は歯垢です。ブラッシングにより歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが大切です。
 専門家の指導、アドバイスを受けられることをおすすめ致します。予防歯科もご覧下さい。

歯周病治療の流れ

まず、チェアーに設置してあるモニターでご自分の歯を実際に見てもらいます。

次に歯のきわの汚れや歯肉が少し腫れているのを確認してもらいます。
多くの方が歯の汚れを自分の目で見て驚かれます。
(この汚れは実際は細菌のかたまりで体に悪影響を与えます。)

次に、歯と歯茎の間の溝の深さを測ってみます。

歯と歯茎の間の溝の深さは、プローブという器具で測定します。
2mm以下が健康な状態。
3?4mmなら少しの努力でわりと良くなります。
5mm以上の場合はかなりの努力が必要です。
あと動いている歯があるかどうかを調べます。

特に悪化している所はレントゲンで検査します。
大きなレントゲンで口全体を検査する場合もあります。

歯周病の治療は、歯石を効率良く除去(歯石を除去したり、歯のクリーニング)する事が基本となります。
そして、なぜ今のような状況になったのかを一緒に考えることが大切です。
せっかくきれいになっても今までの歯の磨き方では、また歯石がついてきます。
そこで、少しでもきれいな状態を保てるように、その人にあった歯ブラシの選び方や歯ブラシの使い方がとても重要になってきます。(悪くなっているところに届く歯ブラシや補助器具が必要です。)
つまりその人のポケットの深さ、歯と歯の間の形態によって歯科衛生士による指導方法が変わってきます。
そしてご自分で、正しい方法で実際に磨いてもらいます。さらに磨き残した部分を歯科衛生士に磨いてもらい、正しい歯ブラシの当て方を実際に感じてもらうことによりさらに正しい感覚を覚えてもらいます。

このようにして、細菌の数を減らし、出来るだけ清潔な口腔内の環境を整える事が歯周病治療の基本となります。

しかし、いくら家で正しい方法で磨いても、3ヶ月くらいすれば歯ブラシのとどきにくい所に、バイオフィルムという細菌のかたまりがしだいについてきてしまうのです。
或いは、一度きれいになったお口の中も、歯磨きを怠れば短期間で元の状態(歯石や歯垢が付いている状態)に戻ってしまいます。
それをそのままにしておくと、少しづつ歯周病が進んでいくのです。

そこで、また歯周病が進行しないように定期的に歯石を除去したり、歯をクリーニングすることが大切になってくるのです

(歯周病の進行度によって検診の期間は変わってきます)

 

歯周病についてもう少し説明

(1)歯周病とは、その2
歯周病の初期の段階を歯肉炎と言います。歯肉炎の原因は歯の表面についた生きた細菌の集まりである歯垢(プラーク)です。ほんの耳かき1杯に数億という細菌がいます

歯肉炎には自覚症状はほとんどないので多くの人が放置してしまいます。するとその細菌が歯と歯肉の間の溝にしだいに入り込んで歯肉の下にある歯槽骨という歯をささえる骨を溶かすようになります。これが歯周病です。早く発見して細菌を取り除かないと、さらに骨が破壊され手遅れになり歯を抜かなくてはならなくなります。


歯周病の原因は細菌ですが、加齢や病気による免疫力の低下やストレス喫煙や薬の副作用も悪影響を与えます。噛み合わせの不調和ぎしりいしばりも危険因子になります。


また逆に歯周病は糖尿病、脳血管障害、心疾患、骨粗しょう症、関節炎、出産に影響を与えることもわかってきました。そのせいで、歯周病などで歯を失うことにより歯が残っている人よりも医療費が多くかかっています。

(2)糖尿病との関係
糖尿病患者は歯周病菌の量が多いというデータが出ています。
糖尿病患者の歯石を除去してブラッシングを指導するだけで血糖値が下がります
生活習慣の改善と同時に口の中の改善も大切です。


(3)8020運動

1988年に当時の厚生省と日本歯科医師会が「8020運動」をスタートさせました。親知らずを除く28本のうち最低20本残っていれば、何とか不自由なく食事ができるということで、80歳で20本を残そうという運動が始まりました。

2008年の時点では、4人に1人が8020運動を達成して、一見効果が上がっているように思われますが、よく考えてみると実は80歳で平均は5?6本しか残っていないのです。つまりある一部の人に集中して残っているのです。

ということは、4人に3人はほとんど歯が残っていないということになります。つまり4人に3人は「総入れ歯」かそれに近い状態になるわけです。


現在平均で20本歯が残っているのは49歳です。つまり4920です。そして65歳の平均は8本ですから、50歳から65歳の間に12本の歯を失うことになります。つまり50代後半からイカ、タコが噛み切れなくなります


まだまだ問題はこれからです。歯科医師としてすべての方が一生「おいしい」と言ってものを食べていただけることが目標です

 

 

Q. 歯周病の予防に何か良いサプリメントみたいなものはありますか?

A 歯周病の予防には正しい歯ブラシが一番大切です。
しかし、いくら頑張っても体の免疫力が低下していると、なかなか良くならないことがあります。

最近、オーラルケアーから発売されている「ラクデント」というサプリメントに
免疫バランスを回復する作用があり、歯周病に効果があるようです。

詳しくは ラクデント - Oral Care をご覧ください。

また、薬の副作用などで歯肉の炎症が治らないこともありますのでご注意くださ
い。

Q. どんな歯ブラシが良いのでしょうか?

.  歯の表面の着色は硬い歯ブラシで取りやすいですが、
歯周病の原因になる細菌は、歯と歯肉の間に溜まります。
このような歯肉に近いところを硬い歯ブラシで磨くと歯肉を痛めてしまいます。
林歯科医院では、歯と歯肉の間を磨きやすい「マルケン」ブラシを推奨していま
す。

あなたの歯を守るために、是非正しい歯の磨き方と、歯ブラシの選び方を聞きにきてください。

Q.歯周病が原因で、口臭が気になります。46才女性

歯周病が原因で、口臭が気になります。レーザー治療がよいのかと思いますが、
どうなのでしょう?費用も保険が適用されないようなので、高額になると聞いていますが、
どれぐらいかかるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。


A.メールありがとうございます。

歯周病の原因は、歯と歯肉の間の歯石などの汚れです。
治療は基本的にはスケーラーというもので物理的に歯石を取ります。
そして予防として、再発しないように歯ブラシの正しい使い方が大切です。
レーザーは、歯周病がかなり進んでいる時に使用します。プラスアルファです。

レーザー治療や高周波治療は、高額になることはありません。
ご心配なく、ご来院ください。

 

 

Q.抜歯を進められていますが...

ポケットが8mmで歯周病が進んでいるという事で、抜歯を進められていますが、出血、痛み、ぐらつき等、自覚症状が全くありません。私の希望は抜歯せず、歯を残した治療を受けたいと思っているのですが、出来ないでしょうか?出来るようであれば、一度診ていただいと思っています。

 

A. メールでのお問い合わせありがとうございます

8mmのポケットを理想の3mm以下にするのは、難しいかもしれません。
ただ、ポケット内の消毒や殺菌、そして家での手入れで
5?6mmくらいまで浅くすることはできると思います。

ただ、出血、痛み、ぐらつき等がないようですので
少しでもポケットを浅くして、その状態を維持することで
その歯の寿命を長くすることはできると思います。


ただ、実際に見てみないと正確に判断できませんので
一度御来院いただけるともう少し詳しい説明ができると思います。


もしよろしければ予約にて御来院ください。
よろしくお願いします。


家での手入れの方法などは詳しく説明させていただきます。
お待ちしています・・・・・・・。

 

 

Q.パニック障害でも治療できますか?

 

> 私 パニック障害(自律神経)なので 極度に緊張してしまい 例えば 治療開始した途端 帰りたくなってしいます。
> こんな 患者は今までに いらっしゃいましたか?

 

私の姪もパニック障害で長年苦しんでいます。
また、パニック障害の方は今まで数名来院されていますが
みなさんのペースに合わせてゆっくりと治療できていますのでご安心ください。

 

> 予約したら 絶対に行かなきゃ 迷惑かかると思うと尚更、無理になったりする場合があるかもです。

 

体調が悪ければ予約を変更していただいても結構ですよ。

 

> まず、ほとんどの歯が虫歯です(銀歯)。
> そして 前歯が段々、歯が長くなってきてて(歯ぐきがとけた感じです)
> 家族から 口臭がひどいと言われます。

 

おそらく歯周炎になっているのだと思います。
歯周炎の治療は、歯ブラシの正しい歯へのあてかたの説明から始めます。
そして、衛生士さんが歯のきわに溜まった汚れのお掃除を行います。
歯の汚れがとれるとスッキリしてとても気持ちがいいですよ。

万が一、治療ができないとしても
毎日正しい歯ブラシの使い方で歯を磨くだけでも大変効果的ですので
その方法をマスターするためにだけでも是非、ご来院ください。
必ず、行ってよかったと思ってもらえると思います。

 


> 毎日 鏡で 歯を見ては ため息が出ます・・・。
> 変な 相談ですみません。

 


大丈夫です。悩みの相談のつもりでご来院ください。
1回目は診断とお話だけでもいいですよ。
まずは、雰囲気になれてください。
お待ちしています。

また、わからないことがあればメールしてください。

 

Q.歯茎が腫れていてそこから出血しました


ご質問・ご相談内容 = 歯が痛いなと思っていたら歯茎が腫れていてそこから出血しました。歯も少しぐらぐらしています。どういった治療になりますか?できるだけ抜きたくないのですが…。

 

A.歯茎が腫れていてそから出血し、歯も少しぐらぐらしているということは
歯槽膿漏が疑わしいです。この場合は、まずは歯の汚れのお掃除から始めます。
それによって歯の動きが止まることを目指します。
又は、歯の中で炎症が起こっている可能性もあります。
この場合は、歯の中の消毒になります。
どちらにしても、レントゲンを撮影して審査する必要があります。

参考になりましたか?
ご不明な点などございましたら改めてお問い合わせください。

 

 

Q.口臭の原因は?

A.  東京医科歯科大学の川口教授(口臭専門外来)の研究によると

口臭の種類には生理的口臭、飲食物・嗜好品による口臭、病的口臭の3種類があ
り、特に病的口臭においては、歯周病や舌苔、唾液分泌の減少などの口腔疾患を
原因とするものが90%以上であるとのことです。
病的口臭を減らすには、定期的に歯科医院を受診し、正しい歯の磨き方を学ぶととも
に、歯周病や虫歯の治療が必要です。
個人でできることとしては、鏡を見て舌が白く汚れていた場合には舌ブラシで舌苔
を除去することが効果的です。・・・・・とのこと。

舌ブラシにも色々な種類があります。関心のある方へは舌ブラシの指導も行っています。

 

歯科治療の無料メール相談、診療予約をご利用ください。なかの歯科クリニック(岡山)
歯科院長が直接お答えする無料メール相談 ( 歯の悩み、歯科治療 )24時間ネット初診予約 ( 休日はもちろん365日、24時間予約OK )
なかの歯科ゆるキャラ「 なかのん&しかのん 」 インターネット初診予約

▼ お気に入りに追加したり、ソーシャルサービスにご利用ください!

歯科院内バーチャル体験

「 Googleおみせフォト 」 で、院内を移動したり、見渡せるようになりました!

初めて当院で受診される方へ

なかの歯科クリニックの治療科目

  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • オールセラミック治療
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 超精密入れ歯(義歯)
  • All-on-4(オールオンフォー)
  • 訪問歯科
歯科スタッフ募集中
歯医者のお仕事見学会

なかの歯科クリニックについて

岡山市の歯医者 なかの歯科クリニック
〒700-0074
岡山県岡山市北区矢坂東町6-1
TEL : 0120-960-471
E-MAIL : 無料メール相談
アクセス : 当歯科への行き方
求人 : 医師、衛生士募集

患者様がお住まいの主要エリア

岡山県岡山市 ( 北区、中区、南区、東区 )、倉敷市、津山市、笠岡市、玉野市、総社市、赤磐市、瀬戸内市、備前市

上記以外の地域からもご来院いただいております。 最近は、県外や岡山県への転入者の方も増えています。

上段へ移動