新しいセラミック治療 「セレックAC治療」をお薦めします。

セレックACとは?

セレックACは、コンピューター制御によって歯のセラミック治療を、設計・製作する最新のCAD/CAM(キャドキャム)システムです。
なかの歯科クリニックでは岡山県で初めてこのセレックACの導入を決めました。

セレックACは、最先端のブルーカム3D光学カメラを使用し、患歯を撮影(スキャン)、患部の歯をコンピューターに3D拡大表示をします。
その後は、コンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、最新最高の6軸のミリングマシンがデータをもとにあなたのセレミックを作製します。

通常のセレックのミリングマシンは4軸ですが、最高を求めるなかの歯科クリニックはスペシャルな6軸のマシンを導入しています。

セレックACは、ヨーロッパの工場で、規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、成功率、生存率は、クラス最高と言われています。

治療時間も最短で約1時間と非常にスピーディーです。
よりきれいで自然な歯を作れるよう、セレックACでは、ハイクオリティーなセラミックブロックを使っています。

このセラミックは天然歯のエナメル質とほぼ同じ強度のため、噛み心地がとても自然ですし、噛む歯に必要以上の負担を掛けません。

また生体親和性もあるので、身体にも負担をかけません。
審美性・身体への影響ともにご満足いただける素材です。

セレックAC

セレックAC治療の特徴

セラミック治療が、短時間、短期間で終わります。

簡単な症例なら約1時間で終わるほどスピーディー。
1回の通院でセラミックをセットできるため、通院の手間もありません。
なかの歯科クリニックでは専門の歯科技工士が院内に在中しているので、ワンデートリ-トメント(1日修復)1Hourトリートメント(1時間修復)が可能になっています。

即日で終わるメリットは多く、歯の汚染を防ぐことが出来る麻酔が効いているうちに痛み無く治療が全て終わる仮の歯を作る必要が無い等が挙げられます。

セラミック治療

高品質なセラミックブロックで作製されるから高い耐久性!

ヨーロッパの工場で規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。
15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。

長持ちするセラミック「セレックAS」治療には、なかの歯科では5年保証を適応いたします。これで万が一の破損にも安心です。

高品質なセラミックブロック

上質なセラミックを使っているからきれい

金属ではなく上質なセラミックを使っているので、自然で美しい見た目を実現できます。
セレックACはメタルポンドと呼ばれる従来のセラミック治療と違って金属は全く使用しませんので金属アレルギーの心配もありません。

今のセレックACのセラミックブロックは透明感もありとてもキレイです。

上質なセラミック

  • セレックAC治療なら、お電話で!
  • お問合せフォームへ
ページトップへ

なかの歯科 オールセラミック治療とは?

金属溶出による黒ずみ・金属アレルギーの心配がありません

歯科治療において、保険適用される素材に金属があることから、金属を利用ケースは多くみられます。(被せ物(クラウン)、詰め物(インレー)、ブリッジなど。)
金属を利用すると、時間とともに金属が溶け出し、歯肉の中に金属の微粉末が「入れ墨」のように染み込んで、歯肉が黒ずむ現象が起こりやすくなります。

右下の図の症例では、被せ物の歯肉周辺が、うっすら黒く変色しているのが解ります。この歯には「金銀パラジウム合金」という、金属の被せ物を装着されて7年が経過しております。 溶出した「金銀パラジウム合金」が、組織や血管の中に染み込み、そこで酸化(錆びる事)して、長年の経過で黒く変色したものと考えられます。

イメージ写真

上記例に加えて、審美治療の一つに、メタルボンドという治療方法があります。これは、歯を支える台(歯科用語で支台築造体)に金属を利用し、その上にセラミックを貼り付ける治療方法です。被せ物(クラウン)、差し歯などに利用されます。

この治療方法でも、金属を利用しますので、金属溶出(メタルタトゥ)の原因となります。 黒ずんだ歯ぐきは、健康的にも審美的にも良いものではありません。

イメージ写真

当院では、金属を一切使用しない「オールセラミック治療」をしておりますので、金属溶出の心配も、金属アレルギーの心配もありません。
安心して長年利用いただけます。

イメージ写真

経年劣化によるメタルライン露出の心配がありません

審美治療の一つに、メタルボンドという治療方法があります。これは、歯を支える台(歯科用語で支台築造体)に金属を利用し、その上にセラミックを貼り付ける治療方法です。被せ物(クラウン)、差し歯などに利用されます。

現在でも、多くの患者さんが利用している治療ですが、この治療方法は、年齢とともに歯肉が痩せてきたとき、歯肉の中に隠れていた金属(メタルコアや冠内に焼き付けた金属)が露出し、黒いラインとなって表れる恐れがあることです。実際、この治療をされて、黒いラインが露出し、治療にこられる患者さんも多いのです。

当院では、支台築造体にファイバーコアというグラスファイバー系の材料を利用し、被せ物(クラウン)は、金属を使用しないオールセラミックを利用しているので、歯肉が衰えても金属ラインが露出するようなことはありません。

イメージ写真

オールセラミック料金表

歯のオールセラミック治療料金

  • 岡山でオールセラミック治療を、ご希望ならお電話で!
  • お問合せフォームへ
ページトップへ

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

※ このお問い合わせ・メール相談は、通院可能な方を対象としています。
※ 無料メール相談の対象は 岡山県在住の方のみ とさせていただきます。
※ 経営コンサルタント、営業、同業者の方はご利用できません。
※ また、メールでのご予約は行っておりません。 初診の方は こちらの予約ページ 。 もしくは当医院の受付 ( フリーダイヤル : 0120-960-471 ) にご連絡ください。

 

必須都道府県
  1.  ※ 岡山県の方のみ、ご利用できます。
必須相談内容
必須お名前  
必須メールアドレス
   ※ 半角で入力してください。
必須電話番号
  ※ ハイフン ( - ) を使用してください。   記入例 : 086-256-4618
岡山市北区でセラミック治療をご希望の方は、電話かメールでご相談ください。