英語 韓国語 中国語

岡山で歯科治療 ( 予防・審美・小児歯科、インプラント ) するなら岡山歯医者 「 なかの歯科クリニック 」

歯の豆知識

妊娠中の歯の治療の10のポイント

近くの産婦人科の妊婦のかたを対象にした母親教室、『妊娠中のママのお口の健康管理、生まれてくる赤ちゃんのお口の健康管理』も平成13年12月で第120回を迎えました。
ここでは特に妊娠中の歯の治療について10のポイントにしぼって説明します。
妊娠中は特に歯の治療に関して慎重になり、受診されるのが遅れがちになる方が多いです。
妊娠初期に歯の健康診断を受けられることをお勧めします。
妊娠中に痛み、腫れなどで歯科の治療が必要なときは以下の10のポイントに気をつけましょう。

妊婦の歯科治療がおこなえる時期

治療は妊娠中期(5ヶ月?8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみ行いましょう。

母子健康手帳

妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参しましょう。妊娠中の歯の状態のページをチェックしてもらえますし、歯科医院側もあなたの妊娠中の健康状態がよくわかります。

問診票

今、妊娠何ヶ月(何週目)か?産婦人科の主治医の先生は誰か?歯科治療に関するご希望、今の状態は?問診表になるべく詳しく記入してください。

主訴

治療椅子に座った後、あなたの歯の状態をもう一度歯科医師に説明しましょう。そして、今あなたの歯がどういう状態でどういった治療が必要か詳しく歯科医師より説明を受けましょう。
よく納得してから治療を受けることが安心感につながります。

X線撮影(レントゲン)

防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽してX線撮影を受けましょう。小さいフィルムのデンタル写真が基本です。必要に応じて全体のうつるパノラマ写真を撮りましょう。
防護エプロンをつければお腹の赤ちゃんへの影響はありません。

治療時の体位

お腹の張り具合、個人差にもよりますが治療椅子をあまり倒しすぎないで楽な体位を取ってもらえるようリクエストしましょう。

麻酔

歯科麻酔は局部麻酔です。通常量の使用では母子ともに全く影響はありません。リラックスして麻酔の処置を受けましょう。歯科医師は通常より痛みを与えない様に配慮します。

治療

妊娠中期にはほとんどの治療が可能です。ただし妊娠中は抜歯はしないことが多いです。抜歯をするかどうかは歯科医師とよく相談しましょう。

投薬

原則として妊娠中に投薬はしません。ただし痛みがひどい場合は我慢することが逆にお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えることがあるため、産婦人科の先生と相談した上で投薬することもあります。

立ちくらみ、頻尿、つわり

妊娠中は急な体位の変換によって立ちくらみを起こしたりトイレが近くなったり、つわりで嘔吐反射が強くなったりします。治療椅子から立ち上がるときはゆっくり立ちましょう。また、トイレは我慢しないで治療中でもトイレに行きたいと言いましょう。つわりがひどい時も歯科医師に伝えましょう。

以上妊娠中の歯科の治療についての10のポイントで説明しましたが、妊娠中は特にインフォームド・コンセント(説明と同意)を重要視するべきです。歯科医師におまかせでなく、納得して、安心して治療を受けて下さい。歯科医師はきっとあなたのお役に立てるでしょう。

なかの歯科クリニック 院内ツアー

※ マウスやキーボードで画面内を移動したり、視野を変えたりできます。

歯科治療の無料メール相談、診療予約をご利用ください。なかの歯科クリニック(岡山)
歯科院長が直接お答えする無料メール相談 ( 歯の悩み、歯科治療 )24時間ネット初診予約 ( 休日はもちろん365日、24時間予約OK )
なかの歯科ゆるキャラ「 なかのん&しかのん 」 インターネット初診予約

▼ お気に入りに追加したり、ソーシャルサービスにご利用ください!

歯科院内バーチャル体験

「 Googleおみせフォト 」 で、院内を移動したり、見渡せるようになりました!

初めて当院で受診される方へ

なかの歯科クリニックの治療科目

  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • オールセラミック治療
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 超精密入れ歯(義歯)
  • All-on-4(オールオンフォー)
  • 訪問歯科
歯科スタッフ募集中
歯医者のお仕事見学会

なかの歯科クリニックについて

岡山市の歯医者 なかの歯科クリニック
〒700-0074
岡山県岡山市北区矢坂東町6-1
TEL : 0120-960-471
E-MAIL : 無料メール相談
アクセス : 当歯科への行き方
求人 : 医師、衛生士募集

患者様がお住まいの主要エリア

岡山県岡山市 ( 北区、中区、南区、東区 )、倉敷市、津山市、笠岡市、玉野市、総社市、赤磐市、瀬戸内市、備前市

上記以外の地域からもご来院いただいております。 最近は、県外や岡山県への転入者の方も増えています。

上段へ移動