英語 韓国語 中国語

岡山で歯科治療 ( 予防・審美・小児歯科、インプラント ) するなら岡山歯医者 「 なかの歯科クリニック 」

歯の豆知識

高齢者の方へ

高齢者の歯科診療と訪問歯科診療

食べることは人生において最大の楽しみの一つです。
ところが、食べ物を咀しゃくするうえで必要な歯が痛んだり、
失われたりすると、その楽しみを奪われてしまうだけでなく、
体のさまざまな面に支障を来すことがあります。
ここでは特に高齢者の歯の健康を考えます。

「8020運動」の前に「5525運動」のススメ

八十歳までに自分の歯を二十本残そう- これが今、さかんに言われている「8020運動(ハチマルニーマル運動)」です。人は、最低20本の歯が残っていれば、食べることにそれほど負担を感じないですむといわれ、高齢化社会を迎えた日本で推奨されてきています。

岡山市歯科医師会では、この運動を一歩進め、五十五歳までに二十五本の歯を残そうという「GoGoニーゴー運動」を六,七年前から提唱しています。というのも、八十歳の日本人の歯の保有数は平均して五?六本というのが現状です。歯はだいたい、奥歯から抜けるもので、奥歯が抜けるとモノを食べることが困難になってきます。高齢者の場合、歯が抜ける多くの原因は歯周病にあるため、放っておくとどんどん抜け、最終目標値である「80歳で20本」を軽く下回ってしまうことになります。
そこで設定年齢を大幅に引き上げ、自分の歯をいつまでも残すためには、早いうちから歯に関心をもってもらえるようにしようというのが、この運動のねらいです。もちろん、設定数値には根拠があり、健康な歯が二十五本あれば、ほとんどのものは食べられます。

歯周病を予防し進行を止める

先に述べたように、高齢者の歯の病気で最も多いのは、歯周病です。歯周病とは、歯を支えている歯ぐきや骨の病気で、その原因は歯と歯ぐきの間にできるすき間(歯周ポケット)内にたまった細菌です。気がつかないうちに細菌が繁殖し、歯肉が赤くはれ(歯肉炎)、歯を取り囲む骨は徐々に溶けていきます(歯周病)。ものがうまくかめなくなるだけではなく、ついには歯が抜けることもあります。痛みがないため気がつかず、実に七割が歯周病にかかっているというデータもあります。

かつて、高齢になって歯が抜けるのは老化現象の一つ、と考えられていましたが、それは大きな間違いです。歯周病は子どもから大人まで、だれでもかかる病気だということを認識しなければなりません。また、歯周病と虫歯になりやすさとは、イコールではありません。虫歯は予防歯科診療の発達した今、かなりコントロールできるようになりました。歯周病は、大学病院など高次医療機関では、DNA検査で将来的に歯周病になるかどうかを見分けられるようになっていますが、研究はまだまだこれからです。
歯周病は「重度」になるととても怖い病気ですが、それは全体の十%未満に過ぎません。ほとんどの人が歯周病の原因であるプラーク(歯垢)をコントロールすることで、炎症を抑え、歯周病の進行を止めることができます。歯周病を防ぐには、適切な治療と丁寧なブラッシングが不可欠です。きちんと磨いてるつもりでも、歯垢を完全に落とすのは難しいです。
歯周病を予防するためには、定期的に歯科を受診して、歯の状態をチェックしてもらうのが望ましいです。歯肉炎から歯周病へ進行する前に自分の歯ぐきの状態を自己管理しておけば、歯周病で大切な歯を失わなくて済みます。

歩行や気力にまで影響する「入れ歯」

高齢者の歯の相談で、次に多いのが入れ歯です。最も多く寄せられる相談は、「入れ歯が合わない」「合わない入れ歯を無理にはめていたら、気分も体調も優れない」などです。もちろんどんなによくできた入れ歯でも人工的に作ったものである以上、自分の歯のようにいきません。また、保険内でできるものとそうでないものにも違いがあるのも事実です。さらに違和感の感じ方にも個人差があるため、いくつかの方法や種類があっても一概にどれがいいとはいいにくいです。
だからといって入れ歯を使わず、抜けたままの状態にしていたら食事が思うように取れないだけでなく、あごの関節に負担がかかりすぎて姿勢が悪くなったり、歩行が困難になったりすることもあります。
入れ歯に関しては幾つか興味のある体験をしていますのでご紹介します。
いつも歩いていた坂道が登れなくなった高齢者がいました。周囲の人はもちろん、本人でさえ、足腰の筋力が弱ってきたためだと思っていたのですが、実は奥歯でしっかりかみしめられなかったのが原因でした。その証拠に、入れ歯を入れた途端にその坂を上れるようになりました。また、寝たきりで気力のなかった高齢者が、入れ歯を入れたことで生気を取り戻し、近所を歩けるようになるまで回復したというケースも実際に経験しています。
入れ歯の技術は昔に比べ数段に進歩しています。また、インプラントと呼ばれる人工歯根や、いったん失った骨を元に戻す方法など、できるかどうか個人差はあるものの、従来の入れ歯とは全く違った処置も可能になってきています。口は特に敏感な器官です。入れ歯を入れると痛いとか、どうしても合わないという場合でもあきらめないで歯科医に相談してください。ちょっとしたケースで治るケースもたくさんあります。

診察前には病歴や常用薬を報告

高齢者が歯科医にかかるときは、糖尿病や高血圧など、何か病気のある人や、薬を常用している人は必ず、受診前にその旨を歯科医に伝えることが大切です。診察前の問診で病歴や現在服用している薬などを質問されますが、その時、言い間違えないよう、薬局でもらう薬の説明書を持参しておきましょう。
また、抜歯や出血を伴う処置など、外科的治療が必要な場合は、感染症や合併症を起こす危険性もあります。かかりつけの歯科医で処置できない場合は大学病院など高次医療機関を紹介します。
何でも気軽に話せ、相談できるかかりつけの歯科医があれば、迅速かつ安全に治療ができます。
かかりつけの歯科医がいれば将来的に自宅で介護を受けるようになった場合にも訪問診療を行っている歯科医師であれば、往診を依頼できます。病歴や治療歴は全てカルテに記入されているため、処置しやすく、何よりも患者自身が余り緊張せずに治療してもらえるという、安心感があります。

訪問診療の内容とその仕組み

介護保険が導入されたことで、歯科訪問診療も昔に比べ認知されるようになってきています。訪問診療では、レントゲンや歯を削る道具など、ポータブルな治療ユニットを持って歯科医が自宅を訪問します。入れ歯の型どりや補修、抜歯も行います。歯磨きができない場合は、歯科衛生士による口腔ケアも行っています。患者は自宅にいながら、病院に行くのとほぼ同じ治療を受けることができます。内科にかかっている場合は、主治医との連携を取って治療に当たることが必要です。
寝たきりになると体を拭いたり頭を洗ったりということは日常的に行われても歯のことは後回しにされやすいです。実の母娘でさえ、母親が入れ歯かどうかを知らないケースさえありました。要介護者が急に食欲がなくなってきたと思ったら、歯ぐきがやせて入れ歯が合わなくなっていたとか、入れ歯が割れて口内に炎症が起きていた、虫歯の治療が中断されたために虫歯が進行した、といったことも考えられます。高齢者を介護する方は、口の中もぜひ、定期的にのぞいて見てあげてください。
訪問診療はだれでも気軽に利用できるシステムです。
地域によって管轄が違いますが、多くの場合、地域の歯科医師会に連絡すれば訪問歯科診療を行っている歯科医院を紹介してもらえると思います。
ほとんどの歯科医院は、昼休みや休診日を訪問診療に当てています。そのためか依頼者や患者が遠慮するケースが多いのですが、小さな事でも遠慮せず、何でもかかりつけ歯科医に相談してください。

歯科治療の無料メール相談、診療予約をご利用ください。なかの歯科クリニック(岡山)
歯科院長が直接お答えする無料メール相談 ( 歯の悩み、歯科治療 )24時間ネット初診予約 ( 休日はもちろん365日、24時間予約OK )
なかの歯科ゆるキャラ「 なかのん&しかのん 」 インターネット初診予約

▼ お気に入りに追加したり、ソーシャルサービスにご利用ください!

歯科院内バーチャル体験

「 Googleおみせフォト 」 で、院内を移動したり、見渡せるようになりました!

初めて当院で受診される方へ

なかの歯科クリニックの治療科目

  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • オールセラミック治療
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 超精密入れ歯(義歯)
  • All-on-4(オールオンフォー)
  • 訪問歯科
歯科スタッフ募集中
歯医者のお仕事見学会

なかの歯科クリニックについて

岡山市の歯医者 なかの歯科クリニック
〒700-0074
岡山県岡山市北区矢坂東町6-1
TEL : 0120-960-471
E-MAIL : 無料メール相談
アクセス : 当歯科への行き方
求人 : 医師、衛生士募集

患者様がお住まいの主要エリア

岡山県岡山市 ( 北区、中区、南区、東区 )、倉敷市、津山市、笠岡市、玉野市、総社市、赤磐市、瀬戸内市、備前市

上記以外の地域からもご来院いただいております。 最近は、県外や岡山県への転入者の方も増えています。

上段へ移動