英語 韓国語 中国語

岡山で歯科治療 ( 予防・審美・小児歯科、インプラント ) するなら岡山歯医者 「 なかの歯科クリニック 」

歯の豆知識

アレルギー

皆さん「アレルギー」という言葉は御存知と思います。
「○○アレルギー」として使われることが多いのですが、「アレルギー」を簡単にいってしまうとこの頭についた○○がダメなこととなります。
アレルギーの代表は何と言っても「スギアレルギー(花粉症」でしょう。
「家族の中で私だけ花粉症です。」というように、全ての人がこの○○に問題があるわけではなく、特定の人だけに問題があることがこのアレルギーの特徴です。
また、「今年から花粉症になった。」というように同じ人でもある日を境に始まることもアレルギーの特徴です。

「食物アレルギー」も代表的なアレルギーです。
ただ食物全部がダメというと、問題が大きいので正確には「タマゴアレルギー」とか、「乳製品アレルギー」と表現されます。
「金属アレルギー」もこの類です。現在、金属なしに生活することは困難ですので、正確には「鉄アレルギー」とか、「ニッケルアレルギー」と表現されます。

アレルギーの症状

ではアレルギーがあると体のなかでどのような事が起こっているのでしょうか?
残念ながら,正確にはまだ解明されていません。
ただ、反応しなくても良い花粉や食物に「過敏に反応している状態」という点ははっきりしていますので、症状としてはそれを排除しようとする生体の反応は起こります。
たとえば「体外に出てしまえ!!」という体の命令に対してくしゃみ、涙、鼻水が出たり、「削りとってしまえ!!」という体の命令に対して無意識に掻く様にかゆみをだしたりして応じます。
アレルギーの中でもすぐに症状が出るもの、後々に症状が出るもの様々ですが、重篤なものはショック症状を起こし、呼吸器系、血管系に影響を及ぼすものもあります。

歯科とアレルギー

歯科医療では多くの種類の歯科材料、および器械器具が使用されています。
これらは人体にとって安全であることが認識されていますが,一部の人に害がある可能性も報告されています。
大きな影響があるのは金属アレルギーとラテックス(手袋の粉)アレルギーです。

金属アレルギー

「時計やネックレスをするとかぶれる(かゆくなる)。」という金属アレルギーは最近増えているアレルギーの代表格です。
アレルギーには「使用頻度の高いものがその原因となる」という特徴があります。
一部の人は、装飾品をはじめ日常不可欠な種々の金属に触れることにより、体が反応してしまうようになりました。

金属アレルギーの検査

現在最もよく行われているのは「パッチテスト」と呼ばれているものです。
「パッチテスト」とは背中や腕に試料を貼り、48時間後に除去し、48時間後、72時間後、7日後に皮膚反応を確認する検査です。
このように単純なテストゆえ,残念ながら「パッチテスト」の正診率は100%ではありません。しかしながら、様々な理由により現在最も有用なテストがこの「パッチテスト]です。

お口のなかの金属によるアレルギー

歯科診療の多くは金属等を使って可能な限り快適なお口の中にすることにあります。
昔は抜いていた歯も土台をたてて、かぶせをして噛めるようにします。
しかし,残念ながらこの金属によってアレルギーが引き起こされる人が増えてきました。
最近テレビ等でも「口の中の金属をとると長年悩んでいたアトピーが治った!!」と報告されているように、一部の人にはお口の中の金属が害となっています。

お口の中の金属によるアレルギーの症状

症状として多くのはてのひらおよび足の裏にかゆみができることが最も多くなります。
症状が強い場合は、水疱ができたり爪が変色もしくは変形することがあります。
お口の中の金属が原因ですから症状もお口の中に出るかと想像されやすいのですが、そのかぎりではないところがアレルギーの特徴です。ですから、多くの人がまず皮膚科を訪ねます。

お口の中の金属元素分析

最近、分析装置の発達により、お口の中の金属を取り除いたり、削ったりすること無く分析できるようになりました。

金属アレルギーに対する治療

対症療法

アレルギーの金属が特定できない場合または、原因除去が困難な場合などに行います。治療はステロイド軟膏、非ステロイド軟膏の外用治療(塗り薬)と抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬.ステロイドの内服療法(飲み薬)があります。

原因除去療法

アレルギーの金属がほぼ特定された際に行います。
金属除去に際し、金属の削片を口腔内に飛び散らしたり、歯肉に迷入させたりすると、体内に吸収されてアレルギー疾患が一時的に悪化することがあります。
アレルギーの金属を除去し、症状の改善が認められた後、最終的かつめもの・かぶせを行います。

メタルフリー

金属を取った後はアレルギーの原因を含まない材料でつめもの・かぶせを行います。
ある金属にアレルギーがある人は他種類の金属のアレルギーになりやすいことから、基本的には金属を使いません。(メタルフリー治療)。
ただ、これらの治療は保険が適用できず自費診療となります。

ストレス

現代社会は競争社会、ストレス社会と呼ばれるように、至るところにストレスが満ち溢れ、さまざまなストレス病を生み出している。
ストレスが消化器系や循環系、呼吸器系、内分泌系などに作用し、胃・十二指腸潰瘍や高血圧、狭心症、気管支喘息、甲状腺機能亢進賞(バセドウ病)などの病気を引き起こしてくるのは周知の事実である。
近年ではさらに免疫機能にまで影響を及ぼし、がんなどの疾患の病因にも関与し得ることが明らかにされつつある。
また、今まで免疫機能とはあまり関連性が無いと思われていた種々のストレス病においても、免疫系の関与が判明してきている。

免疫疾患の分類

生体は常に外界からウイルスや細菌、あるいは様々なアレルゲンなどの危険にさらされ、体内においても、将来がんになりうる悪性変化が絶え間なく引き起こされているとされる。
しかし、免疫監視機構が備わっているために、疾患から身を守ることができる。
その免疫監視機構を脅かす因子は、大まかに生体外部のものと生体内部のものに分けられる。
また、それに対する生体側の免疫反応の異常も過剰反応と低反応に分けることができる。したがって、免疫系の失調によって生じる免疫疾患はどのような因子に対してどのように反応するのか、その組み合わせによって決まり、抗原の種類は各々異なるものの、あらわすことが可能である。
すなわち、生体外部からの因子に対して過剰に反応した場合はアレルギー疾患となり、低反応の場合は感染を生じ、生体内部の因子に対して過剰に反応した場合は自己免疫疾患、低反応の場合はがんに至ることもある

歯科治療の無料メール相談、診療予約をご利用ください。なかの歯科クリニック(岡山)
歯科院長が直接お答えする無料メール相談 ( 歯の悩み、歯科治療 )24時間ネット初診予約 ( 休日はもちろん365日、24時間予約OK )
なかの歯科ゆるキャラ「 なかのん&しかのん 」 インターネット初診予約

▼ お気に入りに追加したり、ソーシャルサービスにご利用ください!

歯科院内バーチャル体験

「 Googleおみせフォト 」 で、院内を移動したり、見渡せるようになりました!

初めて当院で受診される方へ

なかの歯科クリニックの治療科目

  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • オールセラミック治療
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 超精密入れ歯(義歯)
  • All-on-4(オールオンフォー)
  • 訪問歯科
歯科スタッフ募集中
歯医者のお仕事見学会

なかの歯科クリニックについて

岡山市の歯医者 なかの歯科クリニック
〒700-0074
岡山県岡山市北区矢坂東町6-1
TEL : 0120-960-471
E-MAIL : 無料メール相談
アクセス : 当歯科への行き方
求人 : 医師、衛生士募集

患者様がお住まいの主要エリア

岡山県岡山市 ( 北区、中区、南区、東区 )、倉敷市、津山市、笠岡市、玉野市、総社市、赤磐市、瀬戸内市、備前市

上記以外の地域からもご来院いただいております。 最近は、県外や岡山県への転入者の方も増えています。

上段へ移動