歯科ボツリヌス治療

歯科ボツリヌス治療は過剰な筋緊張の緩和(噛みしめ・ 歯ぎしり)を目的としています。症例についてはWEBサイトの掲載基準が厳しくなっていますので文章中心のご紹介となります。

噛みしめ・ 歯ぎしり外来

歯科で噛みしめ・ 歯ぎしり治療

ボツリヌス治療は現在、噛み合わせの力加減を最も効率的にコントロールすることができる薬剤である「ボツリヌス製剤=ボツリヌストキシン」による治療です。

ボツリヌス製剤を「噛み合わせに関係する筋肉」に注射する事で、強すぎる噛みしめ力を制御することができます。
ボツリヌス製剤は、筋肉と神経の結合部に作用し、神経から筋肉への命令伝達を阻害することで 異常な筋の緊張を弱めることによって効果を発揮します。
このことにより、局所的に筋肉の動きを制御することで、筋の過緊張=強い噛みしめを抑制し、様々な口腔内の障害を予防します。また、通常の食事には影響ありません。

したがって、基本的な生活に何ら影響を与える事のない根本的で究極的な解決方法の一つと考えています。
なかの歯科クリニックでは主として咬筋へのボツリヌス製剤の注射で噛みしめ、歯ぎしりの治療を行っております。なお、美容外科で、いわゆる小顔治療として提供されている治療方法と、術式的には同じです。

ボツリヌス治療の料金

ボツリヌス治療の料金は54,000円(税込み)になります。
※ボツリヌス治療について分からないことや気になることがあれば、お電話やメール、LINEでお気軽にお尋ねください。

ボツリヌス治療Q&A

歯科院長がお答えするボツリヌス治療Q&A

ボツリヌス製剤は菌ですか?毒ですか?

菌でも毒でもありません。医学上の分類は「医薬品」です。現在、海外の製薬会社で精製され、日本では輸入品が使われています。

菌が作り出したものですよね?

はい、菌が産生した有効成分を医薬品として精製したものです。同様に菌が産生した有効成分を医薬品にしたもので、よく知られている抗生物質のペニシリンがあります。

美容のお薬ですよね?

美容外科等ではしわ治療に使用されていますが、本来の作用は過剰な筋緊張の緩和です。歯科ではこの本来の使用目的で治療に用いています。

国による承認等はあるのですか?

厚労省では、1996年に眼瞼痙攣に対する筋の過緊張の緩和に対して承認がなされ、以降は様々な疾患への承認がなされています。しかし、歯科では保険の適用にはなっておりませんので自由診療となります。

どのような薬剤を使用しているのですか?

本院では個別に厚労省に届け出て、歯科治療での使用確認と、輸入許可を得た薬剤(各製造国にて薬事認可済みの薬剤)を使用しています。

副作用としてはどのような事項があげられていますか?

注射で投与しますので、他の注射治療と同じく、注射部位の腫れ・内出血・疼痛などが出る場合もありますが、ほとんどが一時的なものです。また、過剰な筋肉の運動に慣れてしまっているため、筋肉の過緊張を適正化した時に一時的に咬み合せの違和感を感じる場合があります。

どのくらい治療効果は継続するのですか?

個人差がございますが、約4ヶ月~半年間ぐらい継続します。

一生、打ち続けないといけないのですか?

患者様の加齢や食生活習慣、咬み癖の変化などによって、咬合力が適正化されてきたら打つ必要はありません。インフルエンザの予防のために毎年、予防注射をするのと同じで、口腔機能の適正化のための予防注射的な位置づけとお考えいただければ分かりやすいかと思います。

治療を受けないほうがよい場合は?

未成年、妊娠中、授乳中は治療できません。また、治療後、女性の場合は2回の月経を経るまで、男性の場合は3か月間は避妊が推奨されています。一般的な歯科治療ができる方には一律の制限はありませんが、薬を服用されておられる方などは個別にご相談となります。

歯の悩み相談

当院では、歯の悩みを少しでも解消できるよう院長の中野が「ライン」や「メール」で直接お答えいたします。お気軽にご利用ください。
※無料相談の対象:岡山在住で当院に通院できる方。

歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ 歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ
歯科治療 無料ライン相談(岡山の方限定)歯科治療 無料メール相談(岡山の方限定)

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る