CT撮影される方へ

当院のCT撮影や守っていただきたい注意事項についてご説明します。

当院でCT撮影される方へのお願い

歯医者でCT撮影をするにあたっての注意事項

歯科治療を進めるにあたってCT撮影をしたほうが良い結果になると判断した場合は、患者さまにはCT撮影のご協力をお願いしております。
撮影するにあたって注意事項がありますので、CT撮影される方は必ずお守りください。

注意事項

  • 金属は写り込みますので、アクセサリー類(髪留め、ピアス、イヤリング、ネックレスなど)は撮影前までに外しておいてください。
  • 撮影機器に頭が当たる可能性があるので、まとめ髪やボリュームが出る髪型はお控え下さい。また、女性の方はできるだけ髪の毛を下ろしてお越しください。
  • ペースメーカーなどの医療電子機器を使用している方は担当スタッフにあらかじめお知らせ下さい。

当院で使用しているCT機器は放射線による被爆量が少ないタイプを導入していますのでご安心ください。また、放射線は基本的に頭にのみ照射されますが、妊娠されている方をはじめCT撮影に不安を感じる方は「防護エプロン着用」で撮影しますので、お申し付けください。

歯科用コーンビームCT「ガリレオス」

岡山歯医者が導入した歯科用コーンビームCT「ガリレオス」

当院ではシロナ社の歯科用コーンビームCT「ガリレオス」を導入しております。
これにより。レントゲンの2次元画像では分かりにくかった口と歯や歯槽骨の状態がより詳しく分かるようになりました。

ガリレオスを選んだ理由

  • 被爆線量が最小クラス
    X線を使用した診断には避けて通れない被爆と言う問題がありました。そこで、患者さまに安心してCT撮影を受けてもらいたいと考え、普通フィルムのパノラマレントゲン波より少ない数値で、被爆量が最小クラス「29uSv」であるガリレオスを導入しました。
  • 撮影範囲が広い
    ガリレオスは低線量ながら1回の撮影範囲が「直径15cm」と広範囲になります。ですので1度の撮影で顎顔面全域を抑えることができます。撮影範囲が広いためインプラント手術前の診断をする時などに最適です。
  • オールインワンですぐ診断可能
    今までCTで撮影したデータは特別なCDに出力してから、そのデータをPCにインストールするなど診断までに時間を要していました。ところが、ガリレオスであれば歯科診断用ソフトがインストール済なので撮影後すぐに診断が可能となります。
  • ソフトが素晴らしい
    ガリレオスのソフトの素晴らしさは、歯科スタディーグループ「SJCD」でも多くの先生方に評されています。特に3D画像を直感的に把握できる「スライシングウインドウ」は直感的で、患者さんも理解しやすい画面になっています。

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る