アレルギーのある方へ

歯科治療にも関係するアレルギーや治療法についてご説明します。

歯科とアレルギー

歯科治療では多くの種類の歯科材料や治療機器が使用されます。これらは人体にとって安全と認識されていますが、一部の方にとっては害のある可能性も報告されています。特に大きな影響があるのは...

  • 金属アレルギー
  • ラテックスアレルギー(手袋の粉など)

をお持ちの方です。その為上記アレルギーをお持ちの方や気がかりなアレルギーをお持ちの方は必ず担当医かスタッフにお知らせください。ご協力お願いします。金属アレルギーについては、この後の項目で詳しくご説明します。

アレルギーとは

歯科医院とアレルギー 皆さん「アレルギー」という言葉は御存知と思います。○○アレルギーと呼ばれることが多く、簡単に説明すると○○の物に身体が反応して症状が出てしまうことです。

アレルギーのうち代表的なものは「スギアレルギー(花粉症)、食物アレルギー、金属アレルギー」が有名です。食物や金属アレルギーの場合、特定の素材に限定されることが多く小麦であれば「小麦アレルギー」の様に限定して呼ぶこともあります。

アレルギーは生まれつきの場合もありますが、ある日を境に発症することもあります。

アレルギーの症状

アレルギーは対象物に「過敏に反応している状態」で、症状としてはそれを排除しようとする生体反応で起こります。
例えば身体がアレルギー対象を体外に出したいと命令を出した場合は「くしゃみ、涙、鼻水」となり、アレルギー対象を取り除きたいと命令を出した場合はかゆみになり皮膚を搔きたくなります。
また、アレルギー反応はすぐに症状がでる場合もあれば、後々に症状が出る場合もああります。重篤な場合はショック症状を起こし呼吸器系、血管系に影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

金属アレルギーと治療法

金属アレルギーと治療法

金属アレルギーは最近になり増えはじめているアレルギーの代表格です。例えば、時計やネックレスを身につけるととかゆくなる症状です。
通常は特定の金属で反応するため「鉄アレルギー」とか「ニッケルアレルギー」などと素材名で呼んだりしますが、人によっては複数の金属に反応しやすくなる傾向にあります。
現代生活をするにあたって金属に触れないことは困難ですので注意が必要です。

金属アレルギーの検査

現在、最もよく行われているのは「パッチテスト」と呼ばれている手法です。「パッチテスト」とは背中や腕に試料を貼り、48時間後に除去し「48時間後、72時間後、7日後」の皮膚反応を確認する検査になります。
単純なテストなので正診率は100%ではありませんが、それでも様々な理由により最も有用なテストがこの検査方法になります。

お口の中の金属アレルギー

歯科治療では金属素材を使用することは多くあります。ですが残念なことに、この金属によってアレルギーが引き起こされている方が増えてきました。例えば「口の中の金属を取ったら調子がよくなった」など一部の方にとってはお口の中の金属が害になっているのです。

金属アレルギーの症状としては「手のひらや足の裏のかゆみ」が多く、症状が強い場合は「水疱ができた爪が変色したり変形する」こともあります。お口の中の金属アレルギーは、症状もお口の中に出ると思われるかもしれませんが、その限りではないのが特徴です。その為、多くの方が最初は皮膚科へ行かれることが多いようです。

お口の中の金属元素分析

最近は分析装置の発達により、お口の中の金属を取り除いたり、削ったりすることなく分析できるようになりました。

金属アレルギーに対する治療(メタルフリー、原因除去療法など)

金属アレルギーに対する治療

  • 対症療法
    アレルギーの対象となる金属が特定できない場合や、原因除去が困難な場合などにおこなうのが「対症療法」です。治療は「ステロイド軟膏、非ステロイド軟膏の外用治療(塗り薬)と抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、ステロイドの内服療法(飲み薬)」などがあります。
  • 原因除去療法
    アレルギー金属が特定された際に行う治療法です。金属除去に際し、金属の削片を口腔内に飛び散らしたり、歯肉に迷入させたりすると体内吸収によりアレルギー疾患が一時的に悪化することがあります。その為、金属を除去後に症状の改善が認められてから最終的な詰め物や被せ治療をおこないます。
  • メタルフリー
    金属を取った後はアレルギーの原因を含まない材料で詰め物や被せをおこないます。 特定の金属にアレルギーがある方は他の種類の金属アレルギーにもなりやすいことから基本的には金属を使わないメタルフリー治療をおこないます。ただし、この治療は保険適用できないので自費診療となります。

アレルギーとストレス

ストレスからのアレルギー

現代社会は競争社会、ストレス社会と呼ばれるように、至るところにストレスが満ち溢れ、さまざまなストレス病を生み出しています。
その為、ストレスが消化器系や循環系、呼吸器系、内分泌系などに作用し「胃・十二指腸潰瘍や高血圧、狭心症、気管支喘息、甲状腺機能亢進賞(バセドウ病)」などの病気を引き起こす可能性があります。
最近は免疫機能にまで影響を及ぼし、がんなどの疾患にも関与する可能性があることが明らかになりつつあります。
また、今まで免疫機能とはあまり関連性が無いと思われていた種々のストレス病においても免疫系の関与が判明してきています。

免疫疾患の分類

生体は常に外界からウイルスや細菌、あるいは様々なアレルゲンなどの危険にさらされており、体内においても将来的にがんになりうる悪性変化が絶え間なく引き起こされています。
ですが、人間には「免疫監視機構」が備わっているため疾患から身を守ることができます。この免疫監視機構を脅かす因子は、大まかに生体外部と生体内部に分けられます。

それに対する生体側の免疫反応の異常も過剰反応と低反応に分けることができ、免疫系の失調によって生じる免疫疾患はどのような因子に対してどのような反応をするかは組み合わせによって決まります。
そして、生体外部からの因子に対して過剰に反応した場合は「アレルギー疾患」になり、低反応の場合は「感染」を生じます。生体内部の因子に対して過剰反応した場合は「自己免疫疾患」になったり、低反応の場合は「がん」に至る可能性があるのです。

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る