治療が終了した患者様へ

治療が終了した患者様へ

歯科治療後のアフターケア

これで通院は終了ですが、次の来院は歯の調子が悪くなってからで良いのでしょうか?
今はお口も良好ですが、何もせずに放っておくと…治療前に逆戻り。酷い場合は前より悪い状態になることまであります。

良好な状態を保つには

それは「ご自宅での正しいセルフケア」と「歯医者の定期検診」です。
セルフケアと定期検診はどちらか一方だけを実行しても効果は半減してしまいます。その為、両方を持続することでお口が良好な状態を保つことができるようになります。

治療後のケアがなぜ大切かと言いますと、例えば50~60歳の方が10年間に「歯を失う本数の違い」についての、ある統計データでご説明します。
実は歯が痛くなった時だけ来院される方は「平均5.4本」も歯を失っていますが、 定期検診に通われていた方は「平均 0.7本」しか失っていなかったのです。

歯科衛生士による歯のクリーニング

当院の定期検診

当院では治療終了後も、歯や歯茎の健康維持や補綴物などの寿命を長くするため定期検診をお勧めしています。お口の状態が悪くならないよう、ぜひ当院で歯の専門的なクリーニングや予防処置を受けてお口の健康を守りましょう。

では当院の定期検診についてご説明します。定期健診のご予約をしていたただきますと下記の流れで進んでいきます。

  • 7~10日前 : 定期検診のお知らせハガキがご自宅に届きます。
  • 前日 : お電話で連絡いたします。※自動音声
  • 予約日当日 : 当院にお越しください。

抜歯後の注意事項

抜歯した後の注意事項

抜歯された時は下記項目に注意してください。

  • 抜歯当日は「入浴、飲酒、喫煙、過激な運動」を避けてください。
  • 傷口を指や舌で触らないでください。
  • 食事は、患部を刺激しないよう注意してください。
  • 抜歯当日は、血が止まりにくくなるので、うがいをしないでください。
    ※出血が続く時は清潔なガーゼを15分ほど強く咬んで下さい。
  • 麻酔により1~2時間はしびれていますので唇や頬を噛まないようにしてください。

マウスピースを作られた時の注意事項

マウスピースを新しく作られた時は下記項目に注意してください。

マウスピース作成後の注意事項

使用方法

就寝時などにお使いください。

お手入れ

  • 使用後は必ず「歯ブラシ」で汚れを取り除いてください。
    ※熱湯での煮沸消毒などはしないでください。
  • マウスピースは水気を切った状態でケースに入れて保管してください。
  • 「入れ歯洗浄剤」を2日に1回くらいペースで使用するとより衛生的です。

注意

  • 使い始め1週間くらいは違和感を感じるかもしれませんが慣れてきますのでご安心ください。
  • 痛い部分や気になるところがあれば調整時にお伝えください。
    ※ご自身でマウスピース調整はしないでください。
  • まれにですが、マウスピース使用により顎に痛みを感じたり、痛みが強くなる場合があります。そのような時は使用を中止して担当医にご相談ください。

その他の治療の注意事項

PDF資料

このページでご紹介した内容のPDF資料になります。PDF保存や印刷したい時などにご利用ください。

※下記資料を読むにはPDF閲覧ソフトが必要になります。ご利用でない方は「Adobe Reader(無料)」をダウンロードしてください。

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る