Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

大阪の凄い歯科医院

フワモコ今日から当院の数台のユニットは
フワモコ仕上げ!

患者さんの評判も上々で嬉しく思う。
しかし、当院はハード面の設備に
お金を掛けすぎていると思うのは
果して私だけであろうか?

 

私は困ったことがあると、フラッと旅に出る。
旅に出るのは遠ければ遠い方が良い!

なぜならその旅から得られる情報は
移動距離の二乗に比例するからだ。

そんな私は昨日の木曜に大阪の吹田市と
寝屋川に移動した。

友人でもあり先輩でもある
吹田の「まつもと歯科」と寝屋川の
「坂井歯科医院」を訪問見学するためだ。

今回、私が木の根っこにでも、すがりたい程
悩んでいたのは、「院内の技工問題」と
「院内の矯正治療問題」「勤務医師との
コミュニケーション問題」であった。

午前中に伺った「まつもと歯科グループ」は
スタッフ総勢200名オーバー!
ドクター数40名、本院だけで歯科治療椅子22台
最近では、吸収した芦屋の美容外科を梅田に
移転して、歯科と美容外科の融合を図っている
凄い歯科グループだ!

いや、もはや医療グループだ!!

当院は歯科治療椅子11台、スタッフ数は
パート、アルバイトを入れて40名オーバー!

岡山ではかなり大きな歯科医院であるが
世の中には本当に上には上がいる。

院内の技工問題はこうすればいいです!
院内の矯正治療問題は、こうするべきです!!
勤務医師とのコミュニケーション問題は
究極これしかありません!!!

と明確なお答えを総院長でもある松本先生から
直に頂いて、本当に感謝の言葉しかない。

今回のアドバイスはお金に換算すると
数千万円の価値があると思う。

大阪駅で遅めのランチを食べて
京阪電車で寝屋川へと移動する。

午後の歯科医院は「坂井歯科医院!」

しかし、どの医院でも素晴らしいスタッフ、
素晴らしい事務長がいて、羨ましく思う。

坂井歯科医院は今は香里園周辺で
3か所の歯科医院を運営する。

今、巷ではやりのセルフホワイトニングまで
しっかりと教えてもらい、診療後は
勤務医の先生とインプラントのミニセミナー
と豚の実習まで参加させてもらい
感謝感激である。

ここでも坂井先生のアドバイスは
お金に換算すると数千万円の価値があると思う。

今日1日で私は一体幾ら儲けたのだろうか?

一番大切なこと、それはピンチは
チャンスであり、チャンスはピンチであると言うこと。

その本当の意味が少しだけ私には
理解できるようになった!!

まつもと歯科

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

なかの歯科クリニック 4月からの新体制

ぎっくり腰になった。なかなか治らなかった。
風邪を引いた。なかなか治らなかった。

正直年を感じる!じっと手を見る!!

なかの歯科クリニックも開院26年目となる春を迎えた。
新人ドクター3名を含む新人スタッフは
慣れない環境ながら皆が凄く頑張ってくれていて
今回のスタッフ補強に関しては、過去最高の出来だと
密かにほくそ笑む!!

当院では毎年大きなテーマを決めている。

今年私が決めたテーマは
1.歯科臨床の基礎、基本を大切にする
2.新人の育成

今年はソフト面、ハード面とガンガンと
新しいものをつぎ込むつもりだ。

20170412_151316

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

顎顔面矯正セミナーは凄かった!

当院は滅菌の関係上、インプラントのオペは
最大でも午前1件、午後1件、の2件のみの
限られたスタイル!

それが今日は4月から広島に転勤される方の
オペも入れて、午後2件のハードスケジュール!

それも一番難しい上の前歯のインプラント

今日も色んな意味で痺れたけど
スタッフの頑張りで完璧なオペが終了!!

鹿児島の黒江先生率いる顎顔面矯正セミナーは
正直、私の想像以上で凄かった、素晴らしかった。

最初の黒江先生の一言!

「私たち、歯科医師に出来る仕事はまだまだあります!!

姿勢が悪い子供たち、口で呼吸する子供たち、いびきをかく子供たち!

顎顔面矯正で、彼ら彼女らの人生を劇的に良くすることができます!!」


驚いた!


私の今年のテーマは「呼吸!」

 

私たち歯科医師が扱う「口(くち)」には様々な機能がある。

食べ物を口から食べて、小さく砕く咀嚼(そしゃく)

塊になった食べ物を食道に送る嚥下(えんげ)

そして音声を発生する発音(はつおん)

そして、最後が息を吸い込む呼吸(こきゅう)である!

 

今年は私は日本の歯科のブルーオーシャンを目指して
睡眠時無呼吸症候群や、いびきをテーマに
歯科との関係性、関連性を掘り下げて勉強して、
臨床に活かそうとそう思っていた。

しかし、矯正のセミナーで、ここまで呼吸の話をされるとは??

思わず、私は休憩時間に黒江先生の元に走り寄り
呼吸に関する質問を数件して全ての疑問をクリアーにした。

先生の顎顔面矯正セミナーのエビデンスを
示すために、多くの海外の信頼できる
論文をこれでもかと紹介される。

 

そうか?多くの子供たちが困っているのなら
この私が人肌脱いで差し上げましょう!!

しかし、この顎顔面矯正の適応する年齢は
成長期にある5歳から12歳まで!(男女比、個人比はあります!)」

だから、急いで私はこのテクニックを勉強しないと!!

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ