アメリカ歯周病学会 バンクーバー その2

Written on 2018年11月2日, by 中野 浩輔

私は決して自分のためでなく
人のために仕事をしている。

私は決して自分のためでなく
人のために歯科医師の仕事をしている。

そう何度も自分に言い聞かせて
そっと手の平を見る!!

バンクーバー初日の夜は時差のこともあり
早めに就寝することになったのだが、
なぜか翌日の日曜は朝4時過ぎに目が覚めた。

もう一度寝ようと思っても全く眠れない!

またここで始まったか?私の小心者のメンタル君!

私は意外に神経質で回りの状況に左右されるので
初めてのホテルでは中々寝付けなく
ほとんど眠ることができないまま
朝を迎えることが過去何度もあった。

 

その正体が私の小心者メンタル君であった。

最近は鳴りを潜めていた私のメンタル君であるが
なぜ初めてのアメリカ歯周病学会で顔を出したのか?

悲しいことにカナダのホテルの部屋は照明が
暗すぎて、大量の本を持参した私だが
部屋が暗すぎて本が読めない!

仕方なく朝5時からホテル周辺を走ることにした。

バンクーバーの気温は寒いので心配していたのだが
それほど寒くなく私は小1時間ほど走ると言うか
バンクーバーの街を歩き回った。

朝5時になってもバンクーバーは真っ暗だった。

朝6時になっても、朝7時になっても、朝8時になっても
バンクーバーの朝は暗かった。


サマータイムという時間が間違いじゃないかと私は思うくらいだった。

私はカナダのトルドー首相と奥様と同じホテルに泊まり
隣のテーブルで食事をしたことがある親しい?間柄だ!

お願いだからサマータイムは間違っていると
誰かトルドー首相に伝えて欲しい!!

あの時にトルドーご夫妻とLINE交換すればよかったと
真っ暗な早朝8時のバンクーバーで悔やむ
私だった。