Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

Monthly アーカイブ : 2018年11月

岡山イノベーションコンテスト2018

Written on 2018年11月29日, by 中野 浩輔

ある時にたまたま地元の山陽新聞の紙面で
岡山イノベーションスクールと岡山イノベーションコンテストの
記事を見つけ.私はすぐに応募した。

まず岡山イノベーションスクールは起業に関して学ぶスクール。

これも面接があって倍率が10倍ぐらいとは聞いたのだが
岡山からイノベーションを起こしたいという高校生から
年齢の上限はないが、何か成し遂げたいというものが集まり、
スクール講師には早稲田ビジネススクールの教授の先生とか、
有名な岡山の大企業の社長さん例えばストライプの石川社長が
来られて無料で話が聞けると言うことだった。

それも平日の夜6時半からなので1時間ほど診療をカットすれば
受けることができるということで私は気軽に申し込んだ。

そして面接に合格してスクール生に選ばれた。

私のビジネスプランとしてはヒト幹細胞を用いたほうれい線専用の
化粧品の開発製造というプランだ。

これは最後までブレなかった。

実は岡山イノベーションスクールに申し込んだ裏の目的があって
私たちが立ち上げた ST 製薬株式会社に入社してくれる
優秀な若者をリクルートするためだった。

岡山イノベーションスクールの授業は非常に面白く
私はグループのリーダーとして高校生から社会人までを
まとめながら半年間勉強を続けた。

そして岡山イノベーションコンテストに応募して1次審査2次審査と多くの
スクール生の仲間が落とされる中、私はファイナリストにまで選ばれることになった。

私のイノベーションコンテストのテーマは、現役歯科医師がヒト万能細胞を用いて
ほうれい線を対象に化粧品を開発販売するというビジネスモデルだ。

1次審査は書類審査、2次審査では同じようなプレゼンをするのだが
その時には私達スクール生だけではなくて、一般から公募された
高校生、大学生、社会人、企業の社長さんも応募してきて、
ファイナルに残る確率は10倍以上という狭き門だった。

しかし私はそこに無事に残ることができた。

当初から当院のスタッフには必ず私がファイナルに残りグランプリをとると
いうことを公言していた。

グランプリの賞金は200万円、副賞としてシリコンバレーへの研修旅行が
プレゼントされる。

このシリコンバレーでは普通は見学することはできないテスラとか
 Google の内部とかすごいところを見学することができるということもあって
私は200万の賞金よりもこちらのシリコンバレーの研修旅行を目指して頑張ることにした。

2次審査のプレゼンテーション審査が終わった時、私は私より10歳や20歳以上若い
岡山の若手社長さんが非常に優秀で、すごいプレゼンをすることに驚いた。

これではまずい!とプレゼンの技術を磨こうと
たくさんの本を買い読み漁り、また YouTube ではTEDもしくはスティーブジョブズの
スピーチとかそういったものをたくさん見まくった。

友人とか知人とか先輩にも色々多くのアドバイス頂いて、本当に2ヶ月集中して
ここ数年間こんなに努力したことがないというぐらい私は努力した。

どうしても自分でパソコンを操作するとなかなか言葉と身振り手振りにまで集中できないと
いうこともあり妻にパソコンの操作を任せ、プレゼンだけでも500回からいや1000回ぐらいは
集中して行なったと思う。

香港 世界一化粧品見本市 コスモプロフ

Written on 2018年11月21日, by 中野 浩輔

初日の夜は、以前日本でお友達にならせてもらっていた
香港在住の友人夫婦と4名で食事をすることにした。

私たちは、初めて私はノースポイントという駅まで行って、
そこの出口でお二人と合流した。

親しい友人をいつも連れて行くお店なんだというお店は
ノースポイントの下町、それも市場が入ってるビルの最上階にあった。
知らなければ決して来ないそのお店は非常に有名だと聞いたのだが
本当にたくさんのお客さんがいて驚いた。

元々は露店にあったようなところが、室内に入った歴史がある
古い店であるという。

 私はそこで香港の友人から今の中国市場だとかいろんな
ビジネスのことを聞いて中国にビジネスをする形が
こういうことは気をつけろというポイントをいくつも教えてもらった。

初日からいろんな情報を詰め込み,文字とおりお腹いっぱいになった。

私たちは泊まることができなかったグランドハイアットの
シャンパンバーでシャンパンを一杯だけ飲んでホテルに帰って早めに就寝した。


二日目の朝は早く起きて,朝一番から香港の会社の方に同伴してもらって
コスモプロフアジアのメイン会場の方を見学することにした。

朝9時半から多くの方が集まっていた。

今まで色々と、例えば日本の大きい学会の企業展示だとか、
先日もバンクーバーで開催されたアメリカ歯周病学会の企業
展示を見たのだが、規模が10倍から20倍は違うぐらい凄い。

会場が広すぎる、相当絞っていかないと1日で全部を回ることはできない。

今回のコスモプロフアジアでの参加の目的は3つあった。

化粧品の新しいマテリアルや、原材料、トレンドの流れを知ること。
既にほとんど完成しているST製薬の化粧院の香港と中国への販路を見つけること。
深圳で私たちのテクノロジーを生かす事が出来る美容器具をOEMで作成してくれる
企業を探すことだ。

この3つの目的に絞って私たちはなるべく効率よく会場を見学することにした。

日本からの出店も多く、ジェトロさんがブースを借り切って
中小零細企業でも割と安くここに出店することができていた。

これから日本とか世界で OEM をしていきたいという企業が多く
集まっていて、色んな最新情報を私たちに提供してくれた。

意外に歯ブラシの展示だとか、ホワイトニングの機材とか
、レーザーとかいろんな機械の展示がされていて、化粧品の
見学のために来た私はついつい歯科医師ということで、
そういう歯科に関する展示とか見学とかもしながら、
いろんな材料まで購入することができた。

海外のメーカー会場では色々な機材とかを格安で
購入することができるのだが、香港や中国本土はクレジットカード
を使うことができなく、面白い機械とかもたくさんあるのだが、
やっぱり日本円で50万円や70万円とかになってくると、
日本から現金を持ってこないことには買えない。

レーザーの機械はメンテナンスは不可能だが、
日本で購入する数分の一で購入できるのだから、悩むところだ。


かなり残念な思いをしたまま二日目の見学を終えることができた。

しかし朝から晩まで短時間のランチの時間以外は全く
休むことなく歩き続け歩き続け見学し続けて本当にクタクタになった。

夜は北京ダックの美味しいお店で旨い北京ダックを食べながら
情報交換は夜遅くまで進んだ。

2日目の夜もこれも金額が高いので宿泊することが
できなかったルネッサンスハーバービューホテルの
ミラージュバーに行き、1杯だけお酒を飲んで二日目は終わった。

香港で世界最大の化粧品見本市 コスモプロフアジアへ!

Written on 2018年11月20日, by 中野 浩輔

私たちは香港で開催されたコスモプロフアジアという世界一の化粧品見本市、

そして深圳で開催されたチャイナハイテク EXPO に参加するために、

火曜の夜から羽田空港経由で香港へと飛んだ。

 

今回の目的は3つ。

  1. 化粧品の新しいマテリアルや、原材料、トレンドの流れを知ること。可能であればヒト細胞由来の原材料に関する情報。
  2. 既にほとんど完成しているST製薬の化粧品の香港と中国への販路を見つけること。香港と中国でのコラボできる企業を探すこと。
  3. 深圳で私たちのテクノロジーを生かす事が出来る美容器具をOEMで作成してくれる企業を探すこと。ファーウェイやテンセント、ZTEの本社を見学すること。

今回は香港2泊深圳2泊という私には時間的には余裕がある旅であったが、

香港のコスモプロフアジアも深圳のチャイナハイテクEXPOともかなり規模が大きくて、

より効率的に見学をするために香港で長年輸入と輸出を手がけているある企業の方にサポートをお願いした。

 

香港の空港で私たちをピックアップした方の案内で、まずは香港空港駅から隣駅の化粧品の

素材とか容器とかマテリアルそういったものを見学することにした。

しかし人の多さには驚くし規模の大きさにも驚いた。

さすが世界最大規模の化粧品見本市、昨年は300万人が訪れたと聞いていたけど

本当に多くの方が訪れていて、日本の企業もいきなり最初のブースには歯科にも

関係の深いクラレさんが独自の製品技術を使用したフェイスマスクを展示されていて驚いた。

 

私たちは数時間そこを見学した後で、ら無料バスでメイン会場の湾仔のエキスポセンターの方に向かい、

そのままホテルにチェックインをした。

 

世界中から数百万人が集まるフェアの期間中、香港のホテルの料金は通常よりもに2倍か3倍になっており、

湾仔の EXPO に併設されているグランドハイアットホテル香港、通常なら1泊3万円から5万円程度で泊まれるホテルだが、

一泊10万円とかというとんでもない金額になっていた。

 

私はネットで会場近くの比較的安いホテルを抑えた、それでも一泊税金とか入れると4万円ぐらいになる。

そのホテルはハーバービューホテルというのだけどホームページの写真で見るのと実際に泊まるのはかなり相違があった。

音はうるさいしすきま風は吹くし、廊下の話し声も聞こえるという程度だ。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ