上のインプラントは、骨が無いから、 できないんでしょ!

Written on 2017年3月7日, by 中野 浩輔

20160804_183004今週は大忙し!


テレビ、ラジオの生出演に
衛生士学校の卒業式謝恩会に
岡山大学歯学部サッカー部OB会
35周年記念大会、

頑張った衛生士学校の学生さんや
サッカー部OBの仲間に会えることは
楽しみではあるが、私はいつ休むの?
と自分の体を案じる!!


最近、当院には他の歯科医院で上の顎に骨がないから、
あなたはインプラントが出来ませんと言われた方が
多く来院される。

中には大学病院の口腔外科で、ダメと言われたかたも
来院された。

基本的に人間の上の顎には上顎洞や副鼻腔と呼ばれる
空洞の場所があるために、日本人の場合、
50%約半数の方が、ソケットリフトかサイナスリフトと
呼ばれる骨造成のテクニックを使用しないと
インプラント治療は不可能である。

当院では、このソケットリフトやサイナスリフトを
行ってインプラント治療をするケースが大変多く
本日の最後のインプラントのオペもソケットリフト併用の
インプラント同時埋入の複雑なオペであった。

しかし、私が思うに「上の顎に骨がないから、
あなたはインプラントが出来ません!」は真実であろうか?

多くの方が主治医の歯科医師の先生の言葉を信じて
自分はインプラントができないから、入れ歯に甘んじては
いないだろうか?

本当は、「私は技術が無いので、あなたの上顎の骨を
増やしてまで、インプラントオペをする自信がありません!」

これではないだろうか?

当院でも、複雑過ぎて、私どものテクニック設備では
全く手に負えないケースは、しかるべき高次医療機関に
ご紹介をさせてもらっている。

だから正しい情報を伝えないと
患者さんが損をしていると思うのは
私だけであろうか?

上のインプラントは、骨が無いから、 できないんでしょ!

そう思い込んでいるあなた、私に
すぐにメールをください!!

岡山でインプラントなら、なかの歯科!

CMソングでも作ろうか?