Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

カテゴリ : 未分類

岡山大学歯学部サッカー部忘年会 岡山の歯医者

Written on 2017年12月5日, by 中野 浩輔

サーファーウタキ岡山大学歯学部の6年生の
学生さんが3名当院に見学に来られた。

後輩の来院は心の底から嬉しく思うのだが
今日の午前中はインプラントの大きなオペがあり
充分に話や説明が出来なかったことを
少し残念に思う。

学生さんの一人は岡山大学歯学部サッカー部の
後輩だった。 

 

 

先週の土曜日に、岡山大学歯学部サッカー部の
忘年会があった。

私は別の忘年会がバッティングしていたので、
そちらに参加していた。

2次会から参加しようとそう考えていた。

夜11時前に、後輩の高梁市で開業しているT先生に
サッカー部の2次会の場所を聞くために電話をした。

生憎、彼は高梁市歯科医師会の忘年会に参加していて
サッカー部の忘年会に参加していないと言うではないか?

 

これは困った!

場所がわからない!!

 

私はサッカー部の忘年会に参加することはあきらめて
いつものワインバーで飲んでいた。

 

そんな私に夜の12時前に前キャプテンから1本のメールが入った。

 

メールに返信して3次会の座ワタミから参加することにした。

 

私の大好きな元気な若い後輩たちと飲むことが
私は大好きだ!

彼らは私の子供たちより年が若い!
おやじ以上の年上の私を慕ってくれて本当に嬉しく思う。

 

中野先生から先日はこんなことを教えて貰いました。

「ワインと女性は、私達への神様からのプレゼント!
だから、ワインも女性も心から愛おしく思って、大切に接するように!」

どうやら私は酔っ払って、そんなキザなセリフを
若い学生さんを前に発するらしい!

「男は、バーで酒を飲まないといけない!!
バーは酒の飲み方を教えてくれる!今からバーに行くぞ!!」

最後まで残った5名の学生を引き連れて
私はバー北田に行った!!

 

時計を見ると3時を回っている!

酒の飲み方を教えてやるって言いながら
こいつらどんだけ酒に強いんだ!!

 

若いって、やっぱり、素晴らしい!!

君たちには無限の可能性がある!!!

インビザラインからの顎顔面矯正のセミナー

Written on 2017年11月28日, by 中野 浩輔

何かバタバタ忙しくしていて
一番大切なものを忘れてやしないか?

一番大切なものは家族?仕事?健康?

どれ???

土日は東京に飛んで、顎顔面矯正の
アドバンスコースを受講!

いつものように1アクション3ゴールの私は
土曜日も3つのゴールを詰め込んだ。

マウスピース矯正、アライナー矯正の
インビザライン治療に関して症例数日本1の
高田馬場のリボン歯科の金子先生を午前中に
訪問して、インビザライン治療の肝を
伝授してもらう。

なかの歯科とリボン歯科グループは
業務提携をしてゆきます。

午後から顎顔面矯正のセミナーに出席。
今回のコースは実践的な技工操作や診断が
メインとなり、普段使わない脳の一部分と
体の筋肉を酷使した私はヘトヘトになる。

セミナーの途中から私だけ抜けて六本木に移動

いつも仕事でお世話になっているEパーク歯科の
担当の方々4名と合流して食事をしながら
お酒を飲みながらの情報交換!

お店は六本木のアンバロンの両角さんに
ご紹介頂いた「オステリア中村」さん
全ての料理が美味しくてお願いしたワインの
セレクトも素晴らしく楽しい時間を過ごした。

妊婦もいる中で調子に乗った私は
そのままタクシーで西麻布のワインバーに移動!

朝から疲れていたのか?ワインに酔っ払ってしまう。

Eパーク歯科のスタッフの方に
私だけタクシーに乗せられてホテルに移動。

セミナー会場から徒歩数分のビジネスホテルまで
お願いした私は人気の無い場所でタクシーから
降ろされる。

ホテルなんてどこにもない!

深夜で慣れない場所で大きなスーツケースを抱えて
お酒に酔っ払っていた私は路頭に迷った。

1アクション2ゴールまで?
いや、2次会に皆を無理やり誘わなければ
良かった!!!

加計学園 日本語弁論国際大会決勝大会に参加してきました。岡山の歯医者のブログ

Written on 2017年11月21日, by 中野 浩輔

加計学園 日本語弁論国際大会決勝大会歯科専門の出版社デンタルダイヤモンド社から
電話が入り、原稿の締め切りがとっくの昔に
過ぎているとのこと!

今日は診療後の勉強会をドタキャンして
パソコンに座り、ウンウンと唸りながら
1550文字の原稿を書き上げる!

原稿料と言うお金をもらっているのに
締め切りを忘れる奴は、プロとは言わない!

 

先日、岡山理科大学で開催された
加計学園 日本語弁論国際大会決勝大会に私と
妻は参加してきた。

「感動します!」「素晴らしいです!!」
と事前に話は聞いていたのだが、
本番は本当に凄かった。

この加計学園 日本語弁論国際大会決勝大会は
海外に在住の母国語が日本語ではない外国の
17歳から22歳位の学生さんが
日本語でスピーチをして海外での地域での
優勝者が15名岡山に集まり決勝大会を
行う大会である。

プロフィールを見ると、日本語を勉強し始めて
たった5か月や6か月の若い皆さんが流ちょうに
に日本語を話すことを目の前で見て驚いた。

私達は中学、高校、大学と長い年月英語を
学んでいるのだが、果たしてメモも見ないで
英語が母国語の方を多く前にして
流ちょうに英語のスピーチが出来るだろうか?

いや、絶対に無理だ!!

中国、韓国、ミャンマー、ネパール、台湾
フィリピン、マレーシア、ベトナム、オーストラリア等の
現地の優勝者が、15名岡山に集結して
決勝大会が開催された。

アジアをはじめ、世界は動いている。
日本人もうかうかしてはいられない!!

熱い思いを感じる私だった。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ