初日の夜は、以前日本でお友達にならせてもらっていた
香港在住の友人夫婦と4名で食事をすることにした。

私たちは、初めて私はノースポイントという駅まで行って、
そこの出口でお二人と合流した。

親しい友人をいつも連れて行くお店なんだというお店は
ノースポイントの下町、それも市場が入ってるビルの最上階にあった。
知らなければ決して来ないそのお店は非常に有名だと聞いたのだが
本当にたくさんのお客さんがいて驚いた。

元々は露店にあったようなところが、室内に入った歴史がある
古い店であるという。

 私はそこで香港の友人から今の中国市場だとかいろんな
ビジネスのことを聞いて中国にビジネスをする形が
こういうことは気をつけろというポイントをいくつも教えてもらった。

初日からいろんな情報を詰め込み,文字とおりお腹いっぱいになった。

私たちは泊まることができなかったグランドハイアットの
シャンパンバーでシャンパンを一杯だけ飲んでホテルに帰って早めに就寝した。


二日目の朝は早く起きて,朝一番から香港の会社の方に同伴してもらって
コスモプロフアジアのメイン会場の方を見学することにした。

朝9時半から多くの方が集まっていた。

今まで色々と、例えば日本の大きい学会の企業展示だとか、
先日もバンクーバーで開催されたアメリカ歯周病学会の企業
展示を見たのだが、規模が10倍から20倍は違うぐらい凄い。

会場が広すぎる、相当絞っていかないと1日で全部を回ることはできない。

今回のコスモプロフアジアでの参加の目的は3つあった。

化粧品の新しいマテリアルや、原材料、トレンドの流れを知ること。
既にほとんど完成しているST製薬の化粧院の香港と中国への販路を見つけること。
深圳で私たちのテクノロジーを生かす事が出来る美容器具をOEMで作成してくれる
企業を探すことだ。

この3つの目的に絞って私たちはなるべく効率よく会場を見学することにした。

日本からの出店も多く、ジェトロさんがブースを借り切って
中小零細企業でも割と安くここに出店することができていた。

これから日本とか世界で OEM をしていきたいという企業が多く
集まっていて、色んな最新情報を私たちに提供してくれた。

意外に歯ブラシの展示だとか、ホワイトニングの機材とか
、レーザーとかいろんな機械の展示がされていて、化粧品の
見学のために来た私はついつい歯科医師ということで、
そういう歯科に関する展示とか見学とかもしながら、
いろんな材料まで購入することができた。

海外のメーカー会場では色々な機材とかを格安で
購入することができるのだが、香港や中国本土はクレジットカード
を使うことができなく、面白い機械とかもたくさんあるのだが、
やっぱり日本円で50万円や70万円とかになってくると、
日本から現金を持ってこないことには買えない。

レーザーの機械はメンテナンスは不可能だが、
日本で購入する数分の一で購入できるのだから、悩むところだ。


かなり残念な思いをしたまま二日目の見学を終えることができた。

しかし朝から晩まで短時間のランチの時間以外は全く
休むことなく歩き続け歩き続け見学し続けて本当にクタクタになった。

夜は北京ダックの美味しいお店で旨い北京ダックを食べながら
情報交換は夜遅くまで進んだ。

2日目の夜もこれも金額が高いので宿泊することが
できなかったルネッサンスハーバービューホテルの
ミラージュバーに行き、1杯だけお酒を飲んで二日目は終わった。